mobile ver.

胃が痛くなったけど...マジック4点灯!
(2011-10-13)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

★好投ネルソン投手で快勝!って書くつもりでした
★今日も9回表が...
★それでも勝ってくれましたマジック4点灯!

 前回の野球観戦は、中日ドラゴンズが首位に浮上したという節目となった試合でした。今回もまた節目になりますかどうか...という試合を見に行ってきました。

 まさに天王山といえる、中日とヤクルトの直接対決ナゴヤドーム4連戦。初戦そして2戦目とドラゴンズが連勝を収め、迎えた3戦目。この試合に勝つと、待ちに待った優勝マジックナンバーが点灯することとなります。

写真

6回表[D]0-0[S] 投手戦で試合展開が速い

 この日のドラゴンズ先発はネルソン投手。立ち上がりから調子良く、1回表は3者凡退。対するヤクルトの先発は増渕投手。こちらも1回裏を3者凡退に。連敗しているヤクルトからも「もう負けられない」という気迫が伝わってきますし、中日側からは「今日絶対に勝って勢いに乗りたい」という気迫が伝わってきます。

 投手戦ということもあって、緊張感がナゴヤドームを包み込みます。

写真

 2回は両チームとも1塁まで、そして3回は両チームとも2塁まで進みますが、得点には繋がりません。そして4回と5回は両チームともこれまた3者凡退と、均衡はなかなか破れません。

写真

6回裏[D]1-0[S] ドラゴンズがようやく1点をもぎとります

 試合が動いたのは6回裏でした。先頭の荒木選手がレフトヒットで出塁すると、このところずっと不振の森野選手がフォアボールで出塁。1・2塁としたところで、ブランコ選手でした。センターを越えるツーベースヒット!

 ドラゴンズがようやく先制します。

 ここで、増渕投手は交代。代わった押本投手は、フォアボールは出したものの、追加点を許すことなく、ドラゴンズはその1点のみにとどまります。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(3)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET