mobile ver.

最後は危なかったけどネルソン投手で勝利・首位浮上!
(2011-10-07)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

★ゲーム差無しまで追いついたところで
★なかなか勝ちがつかないネルソン投手
★完投勝利なるか...と思ったらおいおいおい

 一時、ヤクルトに10ゲームもの差をつけられた中日ドラゴンズ。球団からの突然の落合監督退任発表から、あれよあれよと勝ち続け、とうとう首位ヤクルトとのゲーム差がゼロになった翌日、ナゴヤドームに広島戦を見に行ってきました。ヤクルトが負けて中日が勝てば、首位浮上です。

 普通なら、逆転優勝ムード一色となるはずの状況ですが、試合後、名古屋のメディアから聞こえてきたのは「中日9コーチと来季契約結ばず」といったニュース。

「もう来年は(ファンでいられるかどうか)わからん」「それはそれで来年は楽しみ」

 ドラゴンズファンが完全に真っぷたつになってしまった今...そんな状況下での観戦です。

写真

2回裏[D]2-0[C] 荒木選手のタイムリーで2点先制

 この日の中日先発は、いつもいいピッチングをしているのに、味方の援護が無かったり、後続のピッチャーが勝ちを消してしまったりということが多い印象のあるネルソン投手です。この日の立ち上がりは上々。今日はネルソン投手で勝って首位に浮上して欲しい!強く思います。

写真

 対する広島の先発は福井投手。立ち上がりは良かったのですが、2回裏にいきなり崩れました。和田選手、平田選手に続けてフォアボールを与えます。2アウトでネルソン投手が打席に立ったところで、なんとまたもやフォアボール。満塁とします。

 そこで荒木選手がセンター方向へのタイムリーヒット!相手の3つのフォアボールからの得点とはいえ、ここでタイムリーが出るところがすごい。

写真

3回裏[D]4-0[C] 繋がる繋がるさらに2点追加

 3回表、ネルソン投手は先頭の倉選手にフォアボールを与え、こっちも崩れるの!?と一瞬ヒヤヒヤするも、福井投手の送りバント失敗、東出選手のレフトフライ、木村選手のサードゴロときっちり抑えたネルソン投手に拍手。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET