mobile ver.

投手戦を快勝!は...はやすぎるよね
(2011-08-20)

< ページ移動: 1 2 3 >

★少ないチャンスを見事!
★超展開で20時12分に試合終了
★吉見投手完投

 この日の先発は、ドラゴンズが吉見投手、対する広島カープがバリントン投手ということで、投手戦になるのは必至と思ってはいましたが、まさかそんなスピード勝負になるとは...というほどの超展開となりました。

 気分が良いか悪いかと問われれば、もちろんいいわけですが、さすがにそこまでいくと、逆にちょっと消化不良...なんて言ったら、今は贅沢です。

写真

4回表[D]0-1[C] 先制はカープでした

 試合開始からしばらく、バリントン投手を前に、中日はなかなか見せ場がありません。初回は両チームとも三者凡退だったのですが、2回・3回はそれぞれフォアボール、デッドボールで広島の出塁を許したのに対し、中日はなんと2回も3回も三者凡退。三回連続の三者凡退では、さすがにため息もこぼれます。

写真

 先制したのはカープでした。4回表、先頭の丸選手がレフトにヒットを放つと、続く栗原選手、嶋選手は打ち取ったものの、バーデン選手がライトにヒットを放たれ1点。しかし、続く天谷投手はファーストゴロ。何とか1失点で切り抜けます。

写真

4回裏[D]1-1[C] この日はすぐに追いつきました

 その裏でした。大島選手がライト線にツーベースヒットを放ちます。2アウトとなったところで、和田選手が左中間にタイムリーヒットで同点。和田選手は三塁まで走ります。中日がすぐに追いついてくれました。

 続いてはこの日5番の、ぶーちゃんこと中田亮二選手。勝ち越しの期待が高まりましたが、ファールフライという結末...。

写真

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET