mobile ver.

つば九郎で苦戦?サンドラ弁当はおいしかったけどね
(2011-08-04)

< ページ移動: 1 2 3 >

★つば九郎が来ていたとはいえ
★チャンスはたくさんあったのに
★サンドラ弁当食べられたからいい...よくない!

 ほぼ1ヶ月ぶりにナゴヤドームに行ってきました。この日の対戦相手は東京ヤクルトスワローズ。しかも、ヤクルトのマスコットキャラクターであるつば九郎が来ているということで、厳しい試合になることは必至でした。

 なぜか、つば九郎がナゴヤドームにやってきた試合で、ヤクルトが負けたという記憶はほとんどありません。まあ、もともとヤクルトは苦手なドラゴンズですが。

写真

1回裏[D]1-0[S] 先制はドラゴンズでした

 この日の先発はドラゴンズがチェン投手、ヤクルトが七条投手。

 試合は初回に動きました。荒木選手がライト方向へのヒットで出塁すると、藤井選手が送ったところで、グスマン選手がセンターへのヒット。荒木選手が2塁からホームへ。ドラゴンズが先制です。

 これは、ヤクルト戦なのに幸先がいい!と思ったのも束の間。森野選手がショートに転がしダブルプレー。先制したにもかかわらず、重い空気が漂います。

写真

2回表[D]1-1[S] すぐ...ふりだしに戻る

 2回表のヤクルトの攻撃。先頭のホワイトセル選手にいきなり打たれます。その後、宮本選手とバレンティン選手はチェン投手が打ち取って2アウトとするのですが、相川選手に打たれ1・2塁。そしてなんと七条投手にセンターへのタイムリーヒットを浴びて同点に。

 取られたら取り返す。打たれた七条投手が自ら試合を振り出しに戻します。

写真

その後は動かず本当に動かず

 その後、試合は淡々と進んでいきます。ヤクルトは、3回は3塁まで進むも、4回は2塁まで進むも無得点。ドラゴンズは、2回も3回も3者凡退。

 3回裏終了後、つば九郎さんはバズーカを持って登場です。キャラクターとしては好きなんですけど、やっぱり、この姿をナゴヤドームで見ると、なんだか重い空気がより一層重くなりますね。

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET