mobile ver.

チェン投手で完勝・久々?にニコ動オマージュ
(2011-05-27)

< ページ移動: 1 2 3 >

★チェン投手でドラ完勝
★7回8回はあの投手で日本ハムの意地を見ました
★めったに流れないアレ...

 今年も交流戦の季節がやってきましたね。開幕が遅かったこともあって「もう交流戦?」という感じがしないでもないですが。ナゴヤドームに日本ハムを迎えて、初戦はダルビッシュ投手の前に完封負けでしたが、次の日はやってくれました。

写真

1回裏[D]1-0[F] 初回に先制で安心?

 この日の先発はチェン投手。初回から安定感のある投球で4人で攻撃終了、これは試合がサクサクと進みそうだという印象を持てたその裏、さっそくドラゴンズが先制です。

 日本ハム先発のケッペル投手から、フォアボールの森野選手と、センターヒットの和田選手で1・3塁としたところで、ブランコ選手がレフトヒット。1点が入ります。これで、日本ハムのピッチャーが武田勝投手だったら、もう1点で安心といったところですが、まだまだ安心できません。

写真

3回裏[D]3-0[F] 表も裏も見ごたえあり!

 3回表、2アウト2塁とされたところで、日本ハムの糸井選手が放った打球は大きく右中間へ。あわや...と思ったその時、ライトを守る野本選手がダイビングキャッチ。試合の流れを変えさせませんでした。これがもし、前日までのオーダーだったらどうだったか...。ライトに野本選手が入っていたことが大きかったですね。

写真

 その裏です。荒木選手と井端選手が連続ゴロで2アウトとなってしまったところで、森野選手がセンターを越えるツーベースヒット。続く和田選手がツーランホームラン。3対0と、投手戦の様相を呈していた試合の行方を決定付けてくれました。

写真

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET