mobile ver.

森野選手1000本安打もチャンス逃し...中日×阪神
(2011-04-17)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

★森野選手が通算1000安打達成
★采配に時間との戦いも
★あのミス、あのチャンス...痛い引き分け

 東日本大震災の発生により、当初はセ・リーグだけで先に開幕すると表明するなど、ひと悶着あったプロ野球ですが、結局、4月12日にセ・パ両リーグ同時開幕となり、節電に配慮したスケジュール、ルールで試合が行われることとなりました。

 当初は、5日の試合を観戦する予定だったのですが、開幕がズレ込んだために試合が中止となり、この日16日が今季初観戦となりました。

 先発の小笠原投手の立ち上がりもよく、森野選手の記録となるヒットもあり、最後の最後までドラゴンズの勝利ムードだったのですが...。

写真

3回表 [D}0-0[T] 抜群の小笠原投手が...

 1回、2回とノーヒットでそれぞれ3人で抑え、好投を見せていた小笠原投手が3回表に負傷降板。せっかく抜群の立ち上がりだったのに...と気持ちが落ち込んだのは一瞬。緊急登板した山内投手も好投を見せ一安心です。

写真

5回裏 [D]1-0[T] 連続敬遠?谷繁選手

 3回裏、7番大島選手から始まりました。1アウトとなったところで、8番谷繁選手が阪神先発のメッセンジャー投手から敬遠のようなフォアボールで出塁、山内投手が2塁へ送るのですが、つづぐ荒木選手がサードゴロとなり、4人で攻撃を終了します。

 4回裏も、ドラゴンズは3塁まで踏むのですが、結局無得点。そして5回裏、またもや大島選手から始まり、同じように1アウトとなったところで、8番谷繁選手が敬遠のようなフォアボールで出塁、山内投手が2塁へ送る...と、3回裏と全く同じ展開。でも、違っていました。

 先ほどはサードゴロに倒れた荒木選手が、ライト方向に2塁打。ドラゴンズ見事先制です。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET