mobile ver.

連日の延長...8戦テレ東幻に・日本シリーズ第7戦
(2010-11-09)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★前日の最長記録引き分けに続いて...
★ドラゴンズ勝てばテレ東が第8戦中継...
★パリーグ3位の千葉ロッテマリーンズが日本一

 前日の第6戦はシリーズ最長記録となる長時間の試合となり、終わったのは午後11時54分。終電に乗れなかった帰宅難民が大曽根の街に溢れました。あれからわずか16時間。さっきまでナゴヤドームに居たんじゃないか?なんて感覚を抱きつつ、やってきましたナゴヤドーム。

 ここまでドラゴンズは2勝3敗1分、日本一になるためにはあと2つ勝たなければなりません。この第7戦を勝てば、幻の第8戦が翌月曜にナゴヤドームで開催され、あのテレビ局が中継する予定であることが、NPBのサイトで発表されたのですが...。

写真

選手も観客もお疲れナゴヤドーム

 16時間ぶりにナゴヤドームへと戻ってきました。第7戦なのですが、何度もチャンスがあったにもかかわらず、ドラゴンズは昨日勝つことができなかったため、あと2試合勝たなければならないという状況は昨日と変わっていません。ひょっとしたら、昨日終電に乗り遅れて、大曽根のマンガ喫茶などで夜を明かし、そのまま再びドームにやってきたなんて方もいらっしゃったかもしれませんね。

 この日の先発は第1戦で負け投手となった吉見投手。そういえば、私は今回のシリーズここまで、第1戦と第6戦を見に来たのみですので、まだ勝ち試合を見ることができていません。一方、同行した株の師匠であるももたろう先生は、千葉マリンスタジアムに第4戦を見に行っていますので、勝ち試合の感動を味わってるんですよね...。思えば、あの試合もかなりの長時間でしたよねぇ。

 ロッテの先発は、第3戦にわずか97球で完投勝利した渡辺俊介投手。アンダースローで今日も一気に決めるつもりなのでしょう。ところが...。

写真

森野選手が...

 1回表、清田選手が三塁方向にヒットを放ったところで、荒木選手と森野選手が交錯。森野選手が倒れてしまいます。

 すると続く井口選手がレフト方向にツーベースタイムリーヒットを放ち先制。さらに2・3塁としたところでサブロー選手が犠牲フライ。2対0と一気にに勢いをつけます。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET