mobile ver.

そのキャンペーン関東ではできないね-中日×阪神
(2010-09-23)

< ページ移動: 1 2 3 >

★大事な一戦・直接対決
★ドラゴンズの勝利を決めたのはタイガース?
★プロ野球と地デジと地域差

 首位ドラゴンズと2位タイガースによる、直接対決最後の3連戦。まさに天王山。初戦をドラゴンズが3対0で勝利し、消化試合数の関係から、タイガースにマジックが点灯するか?という試合を見事制した翌日の試合を見に行ってきました。

 試合開始前、何かのキャンペーンが...。ああ、スクール水着の鹿ですか。そこでは、名古屋ならではのキャンペーンが。その文言、関東ではきっと使えないよね...。

写真

うーん...盛り上がれないよ...

 この日、ドラゴンズの先発は山井投手。1回表は2塁、2回表は1塁、そして3回表は3塁まで踏まれるものの、何とか抑えます。一方のドラゴンズは、久保投手の前に3回まで、ブランコ選手へのデッドボールで出塁があったものの、ノーヒットで抑えられ、盛り上がるところが全くありません。

 さらに4回は双方ともに3人で攻撃が終わり、どちらのチームのファンももどかしい状況が続きます。5回裏には、ブランコ選手のヒットから、野本選手の送りバント、堂上直倫選手のセンターフライで3塁まで進むものの、小田選手への敬遠で、山井投手がサードゴロに打ち取られ、無得点が続きます。

写真

さすが満員御礼

 天王山ということもあって、さらには相手がタイガースということもあって、5回裏終了時には「満員御礼」表示が。そりゃそうだよね、と思いつつも、あれ?まだ午後7時10分過ぎだよね?と。試合の展開が速いせいですが、こんな時間にこのシーンを見る違和感。このまま投手戦で緊迫した試合展開が続くのか...と思ったら。

写真

ヒヤヒヤ...だけど大丈夫だった

 6回表はいきなり鳥谷選手にフォワボールで、続く新井選手にレフト方向にヒットを打たれノーアウト1・2塁とヒヤヒヤ。でも、ブラゼル選手でダブルプレー。続く城島選手はショートゴロと、ヒヤヒヤさせつつも抑えるという、この日の山井投手らしい回となりました。

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET