mobile ver.

メタボペンギン観察記...だねこりゃ−中日×ヤクルト
(2009-05-14)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

★メタボペンギン・ナゴドに登場
★キャラがイマイチわからん
★7回裏に暴力事件発生?

「半月も前の話をするなよ」と、ツッコまれることを承知で、ナゴヤドームでの今季初観戦のお話を書きたいと思います。新しいカメラを買って初めてナゴヤドーム。とりあえず、カメラがどのあたりまで狙えるのかを試しに、試合開始直前、パノラマ席へと行ってみると...。

 対戦相手であるヤクルトスワローズのマスコット、メタボペンギンこと「つば九郎」がいるではありませんか。このブログでは3月に、ドアラとつば九郎の出版記念イベントをレポートしました。まさか、1ヶ月後に再会することになるとは。

写真

マスコットも球団も太っ腹

 つば九郎といいますと、昨年までは、あまりビジターの試合には遠征しないキャラとして知られていました。しかしです。今回もチケットを手配してくれた、私の投資の師匠であり、球団マスコット事情通でもある、ももたろう先生の話によると、今年は事情が全く違うというのです。

 なんとヤクルトは、つば九郎に(ドアラを越える)日本一のマスコットになって欲しいとのことで、今年は数百万円の活動資金を用意したというのです!

 つば九郎は、お腹がメタボなことからメタボペンギンと呼ばれていますが、本当に太っ腹なのは球団だったというわけです。

 それにしても...試合開始前からベンチに腰掛けて...メタボなだけでなく、まるでオッサンなんですけど。

写真

運動神経抜群?やっぱりオッサン?

 ナゴヤドームでは試合前に、「スピードボールコンテスト」が開かれます。いつも、抽選で選ばれた5名が2球ずつチャレンジするのですが...。

 なんと、つば九郎が登場。

 しかも、記録は81キロと結構すごい。ただのメタボオッサンかと思ってたら、やるじゃん。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET