mobile ver.

ドアラ先生VSつば九郎先生・栄で出版記念イベント
(2009-03-15)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 中日ドラゴンズのマスコットキャラクター・ドアラ。その風貌と動きが「キモカワイイ」として、脚光を浴び始めてどれ程の時間が経過したでしょうか。ちょうど1年前、ドアラは「ドアラのひみつ〜かくさしゃかいにまけないよ〜」を出版し、当ブログではその出版記念イベントのもようをレポートしました。

 当時はテレビ各局をはじめ様々なメディアで取り上げられ、ドアラブームは頂点を迎えたかのような印象を受けました。ドアラファンも含めて多くの人が、「これほどの騒ぎは一過性のものだろう」と思っていたのではないでしょうか、私もそう思っていました。

 しかし、ブームは終息することはなく、その後も写真集、CD、DVD、フィギュアと次々とグッズが発売され、この3月2日「ドアラのへや〜かくていしんこくむずかしい〜」が発刊されるに至ったのです。

 しかも今回は、東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラクター、つば九郎の「つば九郎のおなか〜しょくよくにまけました」も同時発売。それを記念して、名古屋につば九郎を迎えてイベントが行われるとのことで、行ってきました。

写真

イベント会場...と言えるかどうか

 今回のイベントについては、入場は先着順となっていたものの、あらかじめドアラかつば九郎の本を指定の書店で予約した人に配布された整理券が必要だったので、まあ、そんなに先を急いで前の方に座ることも無いだろうと、開場の45分前に到着すると、そこには既に200人以上の行列が。

 開演の予定は午後6時。3月といっても時折みぞれ混じりの雨がパラついたりした寒風吹き荒れる日の夕方、寒くて仕方ありません。しかも会場は、タワースクエアという名がついているものの、それはただの名古屋テレビ塔の下にある屋外の広場。入場したところで寒さが落ち着くわけではありません。

 後で聞いてビックリしたのですが、先頭の人はなんと朝9時から待っていたとのこと。すごい情熱です。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET