mobile ver.

こうやってスピードアップしてるんだ...中日VS横浜
(2008-05-02)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 今シーズン、初めての野球観戦に行ってきました。今回も、私の株の師匠であるももたろう先生と一緒でした。

 さて、今年からプロ野球は、地球温暖化を抑制するために試合時間の短縮を図っていまして、テレビの中継を見ていても、展開の速さを感じるのですが、実際に球場で観戦してみて、こんなに必死になって時間を削ってるんだ...と実感。

 しかし、試合が早く終わったところで、ドラゴンズには大人気のアイツがいますから、試合後も結構お客が残っている実情...でも、いいじゃんね〜それくらい。野球観戦は、非日常を感じにやってきてるのですから。

写真

エースVS5億

 今日の中日の先発は、開幕戦でホームランを打ち放ったものの、その後1軍登録を外され、先日1年半ぶりの中継ぎ登板で1軍に復帰した「エース」川上投手。

写真

 一方横浜の先発は、プロ野球界で申し合わせている契約金の最高標準額を大幅に上回る、5億3000万円を日本大学に支払って横浜が獲得した、ニコニコ動画でも一時期大人気だった那須野投手。

写真

くっきりはっきり+せかします

 昨年の日本シリーズで、表示ができなくなってしまうという失態を演じたナゴヤドームのライブビジョンですが、今年から表示が新しくなり、文字も大きくくっきり見やすくなりました。

 それと同時に、試合の展開を早くするための表示が導入されました。それは「経過時間」。

 昨年までは審判の名前が記されていた部分に、試合開始からの経過時間が表示されるようになりました。プロ野球組織は今年、平均試合時間の目標を3時間6分としています。

写真

 その経過時間の部分は、攻守交代やイニング途中の投手交代の際には、秒単位の表示に切り替わります。

 今年から日本プロ野球組織(NPB)は、

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET