mobile ver.

中日見事快勝!クライマックスシリーズ初戦
(2007-10-14)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 2004(H16)年からパリーグで導入されているプレーオフ制度が、今年からセリーグにも導入され、「クライマックスシリーズ」として始まりました。まずは2位と3位のチームが2位の本拠地で3戦を戦います。

 というわけで、今年惜しくも連覇を逃し、2位となったドラゴンズがナゴヤドームに3位のタイガースを迎えての3連戦です。記念すべき「クライマックス・セ」の初戦を見てきました。

 プレーオフ制度には賛否両論あったものの、該当チームのファンとしては、日本一へのチャンスがどうこうというのももちろんありますが、それ以上に、シーズンが終わったにもかかわらずまだ楽しみがある、そのことがとても嬉しいです。

写真

 土曜日の試合ということで、早い時間から人出も多く、それを見込んでかステージイベントが用意されていました。午後3時と午後4時半から2回「HAPPY SHOW TIME!」。そして午後3時45分からは「クイズ&PRコーナー」です。ダンスショーは、ドラゴンズのマスコットとして不動の話題性を誇るドアラももちろん登場するということで、初回の午後3時のものを見ることにしました。

 冒頭からドアラは自由気まま。他のチアドラたちの振り付けなど気にせず、相変わらずの独特な動きで存在をアピール。でも、リズムはちゃんと合ってるのがさすがです。チアドラたちが、ステージに上がった子どもにハロウィンのお菓子を配っていると、ドアラはそれが気になる様子で、カボチャの形をしたポシェットを奪って中身をチェック。とってもフリーダム。

写真

 チアドラももちろん、ドアラの素行はわかっていますから、時間つなぎの際、

「それでは、しばらくの間ドアラの小島よしおダンスでお楽しみください〜。」という、期待どおりのフリ。

 ドアラは「そんなの関係ねぇ!」から「オッパッピー」まで一連のダンスを披露。明らかなパクリ。でもドアラだから許す。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET