mobile ver.

育成枠対決で見事快勝−中日VSヤクルト
(2007-09-08)

< ページ移動: 1 2 >

 6日(木)の巨人戦は、試合時間5時間15分という今季最長試合で、最後12回表に逆転されるという、テレビで見ていただけでもどっと疲れが残っただけというものでした。その翌日、7日(金)にヤクルト戦を観戦しにナゴヤドームへと行ってきました。

 ナゴヤドームでのヤクルト戦はドラゴンズにとって相性が良いので、前日のことは忘れて期待が高まり...と言いたいところなのですが、やはり巨人戦の連敗は嫌な負け方だったうえに、長時間の試合だったということで、その影響が残っていないかと少し心配だったのですが、序盤からそんなことは全く感じられない試合となりました。

写真

 チケットを仕入れてくれたももたろう先生の仕事が終わるのを待って、ドームの座席に付いたのが午後6時5分。既にヤクルトの初回の攻撃は終わっていました。そして1回の裏、ウッズ選手と李選手のタイムリーヒットでいきなり2点を先取すると、2回の裏には荒木選手のタイムリーヒットと中村紀選手が17号のスリーランホームランで一気に4点を追加し、6対0として試合は一気にドラゴンズペースに。

 ヤクルト戦は巨人戦や阪神戦とは雰囲気が全然違って、ヤクルトファンはほんの一角に陣取るのみで、ドームのほとんどはドラゴンズファンです。なので、3塁側には空席もちらほらと見かけられました。しかし、そんなヤクルト戦で平日とはいえ、優勝争いに絡んでいるだけあって1塁側はすごい人。この序盤の怒涛の6点にドーム全体が沸き立ちます。

写真

 ドラゴンズの先発は朝倉投手。最初から安心できます。一方のヤクルトはプロ初先発となった伊藤投手。伊藤投手は四国アイランドリーグ出身の育成枠選手。その伊藤投手が同じ育成枠の中村紀選手からホームランを打たれたわけですから、育成枠の先輩からプロの洗礼を浴びたといったところですね。

写真

 この日はチアドラのダンスに子どもたちが参加していてとても賑やか。試合も序盤からいいムード。なのに7回のドアラのバク転は失敗。チアドラたちにポンポンを投げつけられボコボコに。

< ページ移動: 1 2 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET