mobile ver.

少年達の笑顔を見られたのが救いでした−中日VS巨人
(2007-08-11)

< ページ移動: 1 2 3 >

 夏休み真っ只中ですね。大曽根駅からイオンナゴヤドーム前ショッピングセンターまで歩いただけで、汗だくだくになる陽気の10日、ナゴヤドームに中日−巨人戦を見に行ってきました。今回も私の株の師匠であるももたろう先生と二人で行ってきました。巨人の尻尾を追う中日。この時期の直接対決は今後の行方を占う上でかなり重要です。そしてもちろん、相手が巨人ということで観戦にも気合が入ります。やはり巨人にだけは、巨人にだけは負けて欲しくないという思いがあります。

 先発は川上投手。私達は今回、3塁側の5階席という微妙な位置でして、周囲は中日ファンと巨人ファンが入り乱れているというなかなかスリリングな席でした。右隣には関西からやってきたと思われる、ガチガチ巨人ファンの親子連れ4人家族。そして左隣には中日ファンの少年3人組。

 親子連れ巨人ファンの子どもたちは茶髪で、いかにもやんちゃな感じ。巨人の応援にかなり熱が入っていました。そして中日ファンの少年たちは、いかにも純粋な大人しそうな感じの子たちでしたが、もちろん応援は、その茶髪に負けないくらい熱が入っていました。

写真

 試合開始です。中日の先発は川上投手、そして巨人の先発は内海投手ということで、最初は投手戦の様相で、試合はテンポ良く進んでいきました。しかし4回表、川上投手が捕まります。度重なるエラーで一気に5点を献上。巨人ファンの子たちはヒートアップ。ただ5点を取られただけではなく、中日の失策が絡んでの失点だけに、中日ファンの子たちは意気消沈。子どもでもあんな沈痛な表情をするんだな...と思えるほどでした。そりゃ彼らにとって、子どもたちだけで行く夏休みの巨人戦などという、一大イベントはそう滅多にあることじゃありませんからね。かなり楽しみにしていたことでしょう。それがまさかこんな形で一気にリードを奪われ、さらには、はしゃぐ巨人ファンの子どもの声が耳にガンガン入ってくるこの状況では、そんな表情になるのもわかります...。というか、私たちも同様の表情だったと思います。

写真

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET