mobile ver.

日ハム強い...シャオロン業務上過失致傷の疑い!?
(2007-05-29)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 月曜日に野球観戦...ってとても不思議な感じがしますが、今年からセ・パ交流戦は2連戦となったため変則的な日程となり、ナゴヤドームでの今年初めての交流戦は北海道日本ハムファイターズを迎えて、27日日曜、28日月曜の2連戦となりました。昨年の日本シリーズを思い起こさせるようなこのカード、今期のドラゴンズ日本一を占う上でも連勝して欲しいなと思っていたところ、日曜は負け。2連戦は初戦を落とした時点で勝ち越しが無くなってしまうので、絶対勝って欲しい28日月曜日の試合を観戦してきました。

写真

 月曜日(マンデー)とひっかけてこの日は「サラリーマンデー」。当初はスーツ姿の人に先着プレゼントという話だったのが、スーツの人があまり来ないことを危惧してか、プレゼント対象が中学生以上に変更され、さらにドアラがスーツ姿で登場するという話があったのに、いざ蓋を開けてみるとドアラはいつもどおり。あれれれ。

 すると昨年の日本シリーズでもナゴヤドームで見かけたアイツが。そう、北海道日本ハムファイターズのマスコットキャラクター、ブリスキー・ザ・ベアー通称「B.B(ビービー)」。以前もお話しましたが、彼はドアラとは対照的にマスコットの存在意義を語るアツい王道を行く奴です。

 でもマスコット魂のアツさでは意気投合してるのか、結構ふたりで面白いパフォーマンスをやってました。ドアラは相変わらずずっこけてばかりですが。

写真

 ドラゴンズの先発はルーキーの浅尾投手。日本ハムは交流戦ここまで無敗の強さ。動きがあったのは4回表。坪井選手の三塁打、高橋選手の二塁打で先取点を許すと、普段は打席に入らない日ハムのグリン投手にきっちりと送りバントを決められ、森本選手のタイムリーヒットであっという間に0対3。そして5回表には地元出身の稲葉選手がセンター方向へソローホームラン。あれよあれよと言う間に0対4に...。その裏、李選手が二塁打を打ち、ワイルドピッチで3塁まで進むも、代打の井上選手会長はライトフライに終わります。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(3)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET