mobile ver.

ドアラの対極を行くアイツ・行ってきましたシリーズ初戦
(2006-10-22)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 52年ぶりの日本一を目指し、中日ドラゴンズは21日から北海道日本ハムファイターズを相手に日本シリーズを戦います。その初戦をナゴヤドームに見に行ってきました。今年は2年前よりもチケット確保が難しいと言われていたのですが、いつもチケットを手配してくれる、株の師匠であるももたろう先生が1、6、7戦のチケットを見事確保してくれました。私は2年前も同じように日本シリーズを3試合観戦したのですが、結果は全て負け試合でした。今年こそは日本シリーズで勝利試合を見たい!落合監督の涙を見たい!そして新庄選手も見たい...じゃない、じゃない。と思いながらドームに入場すると、グランドにはドアラやシャオロン、パオロンと一緒に見慣れない奴が。まさか、あいつは...。

写真

 私たちがナゴヤドームに到着したのは午後3時半。試合開始が午後6時10分ですから、まだそんなに人は集まっていないだろうと思ったら大間違い。既にたくさんの人が訪れていて試合前から熱気が漂います。イオンナゴヤドーム前ショッピングセンターのドラゴンズグッズショップや、ナゴヤドーム内のグッズショップはそれぞれ長蛇の列が形成されており、30分から1時間待ちの入場制限となっていました。私たちは新たに応援グッズを買うわけではなく、私はいつものとおり立浪選手のレプリカユニフォームを着ることにします。

写真

 ドームの周辺には各テレビ局の取材クルーがインタビューを撮っていました。腕章を見ると「CBC」や「東海テレビ」といったお馴染みの人たちの姿が。それに混じって見慣れない腕章を付けたテレビ局がいます。しかも日本ハムファンばかりにインタビューしています。それは「HBC・北海道放送」のクルー。遠路はるばるお疲れさまです。そして、「HBCという腕章を見ただけで、北海道放送とわかるあんたはやっぱりおかしい。」と師匠に指摘されました。私自身そう思います。すみません放送局マニアで...。グッズショップだけでなく、日本シリーズのオフィシャルグッズ売り場や、ドラゴンズのリーグ優勝記念グッズ売り場もそれぞれものすごい人。今回はドーム敷地内への入場規制が行われませんでしたので、チケットを持っていなくてもグッズを購入することが可能でした。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(7)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET