mobile ver.

この日ばかりはドアラが主役?
(2006-09-04)

< ページ移動: 1 2 >

 中日が優勝しても名古屋しか経済効果が見込めないと言い、未だに阪神逆転優勝を望んでいる人たちなどほっといて、優勝へまっしぐらの中日ドラゴンズ。その中日ドラゴンズには3つマスコットキャラクターがいます。龍の子どもである「シャオロン」と「パオロン」。そして一部で絶大な人気を誇る「ドアラ」です。ドアラは、初来日が名古屋となったことで、名古屋っ子が愛してやまないコアラをモチーフにしたもので、青いコアラの頭と尻尾をつけ、胴体はユニフォームを着た人間の姿をしています。彼のパフォーマンスには以前から定評があるのですが、少し前の8月25日、ドアラデーが開催されました。

 そのドアラデーに、いつものとおり株の師匠であるももたろう先生と見に行ってきました。残念ながら試合前のイベントは見られなかったのですが、試合でもドアラは大活躍でした。

写真

 試合前には「ドアラなりきりコンテスト」があり、ドアラのコスプレをしてきた人たちがそのなりきり具合を競いました。また「ドアラがチャレンジ」では、バットリフティングやスクワット、腹筋、万歩計、そしてなぜか空き缶積みにも挑戦。さらに試合前だけではなく、試合中もドアラは活躍しきれない大活躍でした。

 ドアラは通常、中日ドラゴンズの選手がホームランを打った場合に、ホームベースの近くで連続バク転をするのですが、この日は当初からそれがお休みという話だったので、何かあるとは思っていたのですが、やはり試合中にもサプライズがありました。ドアラはいつも7回裏に登場し、連続バク転のあとに宙返りをするパフォーマンスを披露します。必ずしも成功するとは限らないのですが...。しかしこのドアラデーでは、なんと全てのイニングに登場。「祝ドアラデー」「あんたが主役」というタスキをかけて元気よく登場しました。

写真

 ドアラデーということで、チアドラたちもドアラの耳をつけて登場。7回裏にはいつものようにドアラはバク転に兆戦!ドアラデーだから決めてくれるだろう...と思っていたのですが、イベントの多さに疲れてしまったのか失敗。その後、代わりにチアドラがバク転を成功させ、ドアラの立場無し...。う〜ん、でもまあそれがドアラらしくて可愛かったという気もします、とフォローしておきます。

< ページ移動: 1 2 >

コメント(3)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET