mobile ver.

私は疫病神じゃなかった−ドラゴンズ交流戦
(2005-05-15)

< ページ移動: 1 2 >

 今シーズンから始まった、プロ野球史上初のセ・パ交流戦。今までオープン戦や日本シリーズでしかあり得なかった戦いが繰り広げられています。我らが名古屋の中日ドラゴンズは、まず敵地スカイマークスタジアムでオリックスと戦い1勝2敗。そしてインボイス西武ドームで西武に3連敗し、ホームの名古屋に帰ってきました。ソフトバンクを迎えての初のホームでの交流戦は初戦負けを喫し4連敗。ここまで交流戦は1勝6敗。もう負けられないソフトバンク2戦目を14日に観戦してきました。

写真

 私は昨年、日本シリーズを3試合と優勝決定試合を観戦しにナゴヤドームへ行ったのですが、なんと全て中日の負け。さらに、それより前に見に行ったオールスターまでもセリーグが負け、周囲からは疫病神だと言われる始末。14日は私にとって今シーズン初めての野球観戦。これで負けたらもう野球を見にいかないように、という冗談なのか本気なのか微妙な言葉をかけられつつ、株でいつもお世話になっているももたろう先生にチケットをもらい、一緒に連れて行ってもらいました。

 序盤は三者凡退が続く展開にドームはため息に包まれました。ウッズが出場停止をくらってから、かつての中日の勢いを見ることができません。それとも交流戦にパリーグが力を入れてきているのか。入れているからと言って負けて良いというものでもありませんが。

 驚いたのはソフトバンクのズレータ選手の大きさです。アレックスが1塁に出て並ぶと、それはまるで親子のような差。日本人と比べて大きいのは当たり前ですが、外国人のアレックスと比べてもデカいのですから相当です。そのズレータの危険行為によって荒木が外れます。あの巨体に突っ込まれたらさすがに...。

 ところが福留選手のホームランで流れは変わり、なんと井端のヒットで逆転サヨナラ勝利。中日の連敗が止まるとともに、私の観戦連敗記録も止まりました。中日の勝ち試合を見ることができたのは2002年の最終戦以来でしたから、私にとって2年半ぶりです。

 これでやっと、大っぴらに野球を見に行けます。

「ほら、私のせいじゃなかったでしょ。」

< ページ移動: 1 2 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET