mobile ver.

この感情を抱くことは二度とないのでしょうね...山本昌投手引退試合
(2016-03-05)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

★映像で振り返る山本昌投手の名場面
★一日限りの選手契約で先発マウンドへ
★32年間という時の重み

 自分がまだ小学生だった頃からずっと、中日ドラゴンズで活躍し続けた山本昌投手、昨シーズン限りで現役を引退し、既にこのストーブリーグやキャンプは解説者として取材活動や、テレビラジオへと登場していますが、5日(土)に1日限りで中日ドラゴンズと選手契約を結び、引退試合が行われました。見に行ってきました。

写真

背番号「34」は特例らしい

 オープン戦にもかかわらず、パノラマ席まで開放された山本昌投手の引退試合。試合前にウォーミングアップに山本昌投手が登場すると歓声が。パオロンも見守るなかキャッチボールです。

 この日、山本昌投手は長年一貫して付け続けた愛着のある背番号「34」のユニフォームで登場したのですが、既に今季「34」はドラフト4位の選手につけられているため、登録上は「背番号0」での登板で、特例として形だけの「34」となっていました。

写真

 入場者には、週刊ベースボール特別号「山本昌引退試合inナゴヤドーム」が配布され、「山本昌最後のマウンド」という文字。試合開始前には、ライブビジョンに若かりし頃のナゴヤ球場の映像が流され、「再び伝説の男がマウンドへ」。

写真

 さあ、試合開始です。

最後のマウンド・三球三振

 ファンの最後の声援を受けながら、山本昌投手はマウンドへ。対するはヤクルト先頭、かつてのチームメイト森岡良介内野手。3球で空振り三振を奪うと、守備についていたドラゴンズの選手たちと握手、ヤクルトベンチにも一礼をしてマウンドを降りました。

写真

 一度中日ベンチに戻ったところで、再び登場してヤクルトの真中監督から花束です。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET