mobile ver.

名古屋も関西も試合終了まで放送!の日に限って...ナゴドでサンテレビ3連戦-阪神戦
(2015-09-04)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

★珍しく名古屋でも関西でも地上波で試合終了まで放送の日に...
★速すぎる試合展開...7回までは何も起きず
★サンテレビはビジターでも本気の中継なんですね

 あの連勝でV字回復なんて思った時期が僕にもありました...と思いながら、かつては相手チームにとって鬼門だったはずの、ナゴヤドームでの阪神戦を見に行ってきました。

 最近キー局では、地上波のテレビ中継が縮小傾向にあります。そんななかでも、名古屋では今もドラゴンズ主催ゲームについては、キー局の番組を移動してでも中継が行われていますが、放送時間が延長されることはほとんどなく、最後まで試合が見られる機会は少なくなってきました。

 ところがこの日は、中日の本拠地である名古屋でも、阪神の本拠地である関西でも、試合終了まで放送されるという珍しい日。「さあ、長時間試合どんとこい!」「吉良吉田の人帰られへん」くらいになってもいい!なんて思っていたのですが...。

写真

燃えドラPOINT サクサク投手戦

 この日は、名古屋をはじめとする東海北陸7県では「東海北陸スペシャル」として、NHK名古屋がこの試合を中継。メインチャンネルでの放送時間は午後8時45分まででしたが、その後も、複数の番組を放送できる地デジの機能を活用して、サブチャンネルで引き続き放送。試合終了まで放送する予定となっていました。

 この地方では、NHK名古屋放送局と三重テレビのみがこのサブチャンネルでの放送延長を行っており、三重テレビでも、中日ドラゴンズ主催ゲームに限ってですが、試合終了まで放送を行っていて、「プレイボールからゲームセットまで」をキャッチフレーズにしています。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET