オイシイもの食べたよ! 名古屋めしと☆呼ばないで!

手羽先唐揚げ-手羽先自体が名物なのではなくその調理法が名物なの | 名古屋めし

記事公開日:2006年8月2日

手羽先唐揚げ

写真
世界の山ちゃん
<栄>女子大店 栄店 錦三大津店ほか<名駅>笹島店 名古屋駅東店ほか<東京>新宿靖国通り店 新大久保店 池袋北口店 南池袋店ほか

 名古屋っ子は、多くの名古屋名物を名物であると認識している。きしめんもういろうもみそかつも、名古屋以外では食べられていないことを知っている。ところが、名古屋っ子が名古屋名物と認識しきれていない食べ物がある。それは「手羽先」である。

 なぜなら、手羽先とは鶏の羽先の部位を指す単語であり、名古屋以外の居酒屋の多くにもそのメニューは存在するからである。ここに名古屋っ子を陥れる大きな落とし穴がある。

スポンサーリンク

名古屋では手羽先と言えば唐揚げ

 東京や大阪の居酒屋で「手羽先」というメニューを注文した場合、手羽先が焼鳥と同じように焼かれていたり、煮付けになってでてきたりすることがある。それを見て多くの名古屋っ子は「なんじゃこりゃ」と言い、名古屋の手羽先とそれ以外の手羽先が違うことを知るのである。名古屋で手羽先と言えば無条件に手羽先の唐揚げのことを指す。

 手羽先の唐揚げを名古屋でそこまでの地位にのし上げたのは、「手羽先の元祖は風来坊です」という記者会見風のCMを名古屋で流している風来坊である。CMでそう言い切っているのだから間違いない、はずだ。

写真
風来坊
写真で見てもわかるほどのコショウ<栄> 栄店 プリンセス店 若宮店 三越名古屋栄店地下店(お持ち帰り専門)ほか

風来坊 VS 世界のやまちゃん

 風来坊は鳥料理を主体とした居酒屋チェーンであり、その店舗は北海道から九州、そしてロサンゼルスまである。だが、かなり出店地域に偏りがあり、東京などには店舗が無い。秘伝のタレをかけられた手羽先の唐揚げを一目見ると、名古屋っ子ではない多くの人はその姿に驚く。コショウが見てわかるほどにふりかけられているからである。

 甘辛い濃いタレがかけられている上に、コショウがたっぷりなのである。その味の濃さは尋常では無い。でもそれが、たまらないのだ。さらにたっぷりとかけられたゴマが風味を増す。風来坊はデパートの地下にお持ち帰り専門店も出店している他、各お店でもお持ち帰りに対応しており、名古屋っ子は家庭でも風来坊の手羽先をよく食べるのだ。

 そしてもうひとつ、積極的な出店攻勢で、この手羽先を名古屋名物から全国区にのし上げようとしているお店がある。「世界のやまちゃん」である。こちらもやはり、手羽先の唐揚げにこってりとした濃い味のタレがかけられている。味が濃いという共通点はあるのだが、風来坊とは決定的に味が違う。

 やまちゃんの味が好きか、風来坊の味が好きかで、時に名古屋っ子は大論争になることがある、とは言い過ぎか。

メニューも出店も拡大するやまちゃん

 風来坊とやまちゃんの違いは他にもある。風来坊は鳥料理メインなのに対し、やまちゃんはいかにもチェーンの居酒屋という体裁であるため、メニューのバリエーションが豊富なのである。名古屋名物に限らず刺身からデザートまで取り揃えられている。しかしやはりメニューには名古屋らしさがある。

写真
風来坊の手羽先をお持ち帰りして家で食べるというのも名古屋スタイル。

 味噌串かつに山ちゃん特製海老ふりゃー。そしてアイスクリームは名古屋コーチンの玉子を使用しており、もちろんお茶漬けは浜乙女である。浜乙女という会社名を聞いただけで、大抵の名古屋っ子は「でえたらぼっち」を思い出す。でえたらぼっちとは伝説上の巨人であり、名古屋では浜乙女のCMで何十年とおなじみである。

 さて、この山ちゃんは東京、札幌、九州へと積極的に店舗展開を行い、現在は50店舗を越え、新宿、池袋、神田には複数の店舗を構えているほどである。毎月のように新店舗を出店している。さらには冷凍手羽先を全国発送しており、山ちゃんの手によって着々と手羽先は名古屋名物から全国の味へと広げられている。さすが「世界の山ちゃん」である。オープンから25年。その歴史が先ごろ本として出版されている。

写真
世界の山ちゃんには名古屋メニューも豊富。

結局「名古屋名物」の手羽先の味とは

 では、その名古屋名物手羽先とやらがどんな味なのかと、名古屋の居酒屋にやってきて手羽先を注文したからといって、必ずしも名古屋独特の手羽先に出会えるわけでは無い。名古屋でも他の地方と同じように、焼いた手羽先や煮た手羽先を出すお店も多いのである。

 風来坊と同じように「手羽先の元祖」を名乗っている、台湾ラーメンを開発したことでも知られる「味仙」で出される手羽先は、またこれらのお店と違う味わいを醸し出している。結局のところ、先述の通り風来坊と山ちゃんでも味は大きく違うわけであり、名古屋名物の手羽先はこの味だと断言できるものは存在しないということである。

 ちなみに、私は風来坊の手羽先をオススメする。なぜなら、幼い頃から我が家の近くには風来坊があり、お持ち帰り対応をしていたことから親がよく買ってきてくれたために、昔から私は風来坊の味を食べ慣れているからである。このように、小さい頃からコショウたっぷり濃いタレべったりといった味の濃いものばかりを食べているのが名古屋っ子というものである。

関連情報



スポンサーリンク


-オイシイもの食べたよ!, 名古屋めしと☆呼ばないで!
-

Copyright© TOPPY.NET , 2017 AllRights Reserved.