オイシイもの食べたよ! 名古屋めしと☆呼ばないで!

名古屋めしと...(2)-麺が薄いだけでうどんでしょ?

記事公開日:

スポンサーリンク

うどんを平たくしただけでしょ?

「きしめんが名古屋名物って言うけれど、あれってうどんを平たくしただけでしょ?」

 という発言を耳にすることがよくある。それを否定することはできない。むしろ全くそ
のとおりである。きしめんの麺の材料はうどんと一緒であることが多く、つゆも鰹ベース
で、うどんつゆとの間に違いを見出すことはできない。強いて言えば、名古屋醤油とも言
われるたまり醤油を使っているという点を挙げることができるが、名古屋で食べられてい
るうどんのつゆもほとんどがたまり醤油を使っており、名古屋におけるきしめんとうどん
の間には、味に違いがほとんど無い。それでもなお、きしめんが名古屋名物として君臨し、
なおかつ名古屋っ子が好んできしめんを食べるのは一体なぜだろうか。まずはきしめんの
名のルーツを辿ってみることにしよう。

宮きしめんのたまごとじきしめん
写真
写真
宮きしめん
<神宮店>熱田神宮内
<長島店>三重県桑名市「ジャズドリーム長島」内
<お持ち帰り>松坂屋本店・名古屋駅店、
JR名古屋タカシマヤ、丸栄ギフトサロン ほか

きしめんという名はどこから来たのか

 きしめんの名のルーツには3つの説がある。その3つとは、「雉子麺(きじめん)」「棊
子麺(きしめん)」「紀州麺(きしゅうめん)」である。

 まずは「雉子麺」の説から見てみよう。名古屋城築城の際、美濃国奉行であった岡田将
監が、召使に雉肉を入れた手打ちうどんを作らせた。それが「雉子麺」である。後に庶民
の間では雉肉の代わりに油揚げを入れて食べらるようになったにもかかわらず、名前だけ
が雉子麺として残り、その後「きしめん」と転じたというのが一つ目の説である。そして
「棊子麺」説。棊子麺とは中国の点心で、碁石のような丸い団子状の麺のことである。そ
れを平たく延ばして食べたことから、きしめんと呼ばれるようになったというのが二つ目
の説である。最後の「紀州麺」説は、紀州(和歌山県)の出身者が、名古屋へ持ってきた
うどん「紀州麺」が転じてきしめんとなったという説である。

 どの説が正しいのかという記録は残っておらず、複数の由来が実際にあるのかもしれな
ければ、どれも間違っている可能性があるとのこと。しかも、雉子麺や紀州麺が平たい麺
だったかどうかもわからないというのである。結局のところ、きしめんの名のルーツはわ
からないのである。しかしきしめんのあの平たい麺自体は、江戸時代に三河地方で既に食
べられていたという記録があるらしい。

薄ければ薄いほど良いというわけではない

 このようにきしめんの起源についてはわからない部分が多い。では、現在名古屋で食べ
られているきしめんとはどのようなものなのかを考察してみよう。基本的に、材料も味も
うどんと変わらないのであれば、注目すべき点は自ずと見出される。それは麺の薄さであ
る。

 しかしこの考察は一筋縄ではいかない。きしめんは薄ければ薄いほど良いとされている
わけではないのである。きしめん専門店であっても、宮きしめんのように薄くてつゆやか
つおぶしがとてもよく絡むきしめんを出しているお店もあれば、きしめんのよしだのよう
にコシのあるしっかりとした厚みのあるきしめんを出すお店もある。それは名古屋っ子で
も好みがわかれるところである。

名古屋ではお祭りの屋台などでも
きしめんが売られていたりします。

写真
写真
きしめんのよしだ
<栄>東新町交差点北西角
<名駅>地下街エスカ、名古屋ターミナルビル7階

お客にとっての魅力と店主にとっての魅力

 トッピングはうどんとは若干異なり、ホウレン草やかつおぶし、そしてあげだまを大量
に入れることが多い。きしめんの専門店のなかには、「ご自由にお使いください」と、各
テーブルにあげだまの入った瓶が置かれている場合がある。ホウレン草もかつおぶしも、
麺に負けじと薄いためにとてもよく麺に絡む。あげだまは、麺に絡む上にさらにつゆを吸
って味わいを増してくれる。そしてやはり、きしめんの麺自体が薄いことも相まって、う
どんとは比べ物にならないほどに、きしめんは麺とつゆの味が融合しているのである。こ
の点が、名古屋っ子をきしめんに引き寄せる理由なのではないだろうか。

 といろいろと考察してみたが、もうひとつ、別の観点から見て確実に言えるのは、きし
めんは麺が薄いためにうどんに比べて短時間で茹で上がるため、時間も光熱費もすべてを
抑えることができるということである。せっかちでケチな名古屋っ子が好むのは当然と言
えるだろう。むしろこの理由の方が妙に説得力がある。


スポンサーリンク


-オイシイもの食べたよ!, 名古屋めしと☆呼ばないで!
-

Copyright© TOPPY.NET -トッピーネット- , 2017 AllRights Reserved.