オイシイもの食べたよ! オイシイレポート

さすが名古屋・東海限定の味噌炒飯と味噌アイス...背景にあるのはチューブ入り味噌業界の激しい2社対立

記事公開日:2016年9月10日

写真

★つけてみそかけてみそ vs 献立いろいろみそ
★パッケージが遠慮してる?献立いろいろみそ炒飯
★味噌の黒い粒が混入していても問題ないというかそういう商品だから

 名古屋といえば味噌。なんでもかんでも味噌をつける...というイメージを端的に表しているのが「どの家庭にもチューブ入り味噌が常備されている」です。

 そんなチューブ入り味噌市場には、かなり前から2社が参入していて、これまでは両社が互いに意識することは無かったのですが、今、静かに覇権争いが勃発。特にイチビキが広告で、そしてコラボで攻勢を仕掛けています。

 そのコラボなのですが、味噌の炒飯はまだわかります。味噌のアイスってどういうことだ...。

「つけてみそかけてみそ」VS「献立いろいろみそ」

 他の地方には微塵も無い一方で、名古屋においては大きな旨みがある「チューブ入り味噌市場」。参入している味噌大手2社は次のとおり。

・つけてみそかけてみそ(ナカモ)
・献立いろいろみそ(イチビキ)

 どちらもテレビコマーシャルなどで長年アピールし続けているのですが、名古屋土産として定番になっているのはナカモ。一方で、実際にスーパーで良く買われ、地元民に定番になっているのはイチビキです。

 しかし、ナカモのほうがイメージが強く、「つけてみそかけてみそ」というネーミングの良さから、チューブ入り味噌の代名詞ともなっています。

 そんなイメージを打破しようとイチビキは最近、これまでにない動きをしています。

イチビキの「売上ナンバーワン」アピール

 イチビキは「献立いろいろみそ」シリーズ、全アイテムのパッケージデザインを2016(H28)年4月に一新。さらに、「調理みそで売上No.1ブランド」という事実を前面に押し出し、新聞広告でも「売上ナンバーワン」を大きくアピールするようになりました。

 イチビキのサイトによりますと、これは「その他味噌」市場で、2014(H26)年3月から2015(H27)年12月の累計販売金額がトップだったそうで、1995(H7)年発売であることもアピール。

 発売21年目となった2016(H28)年を「献立いろいろいみそブランドの存在感を高める」年として位置づけています。

 そうなんです。「献立いろいろみそ」の売上自体は既にナンバーワンなわけで、さらにブランドの存在感を高める...それはつまり、「チューブ入り味噌といえばつけてみそかけてみそ」というイメージを打破したいということなのです。

 そこで登場したのが、コラボ商品。

写真

みそ炒飯はわかるけど写真が映えない宿命

 東海地区のイオングループ限定で登場したのが「献立いろいろみそ炒飯」です。

 「みそ15%使用。香る味噌!深まる味噌!味噌の甘さ引き立つ限定特製炒飯」。パッケージの表面に、6つも「味噌・みそ」の文字が躍り、炒飯そのものよりも、味噌の文字と「献立いろいろみそ」のパッケージ写真が目立つデザインとなっています。このとき、そこには注目していなかったのですが、あとあと意味がわかりました。

 それにしても。炒飯なのに、15%が味噌ってすごい割合ですね。

 製造しているのは熊本県の「ユーユーフーズ」。裏面にもわざわざ「原材料の配合割合:みそ加工品 15.0%(仕込み時)」と書いてあります。

写真

 作ってみました。なんという色でしょう。名古屋の人だけが「うまそー」と思えるほどの本格赤味噌ビジュアル。アプリでどれだけ写真を加工しようとも、味噌まみれご飯でしかありません。

 名古屋っ子にはたまらない味であることは間違いなし。15%が味噌なんですから、おいしいに決まっています。

 食べ終わったあとの皿の汚れ具合も、味噌です。

写真

 パッケージの炒飯写真、明らかに色が薄いですよね。別物っていうくらいに。「写真はイメージです」で、ウリである味噌分を薄めてあるというね。ウリを薄めるって珍しいですよ。でもこれ、リアルな色にしたらパッケージの印象全然違うわ。赤味噌料理は写真が映えない宿命を背負っています。

みそのアイスとはどういうことだ

 デザートにはこちら。同じく東海地区のイオングループ限定「献立いろいろみそアイス」です。アイスですよ。味噌の。

写真

 販売しているのは福岡県のセリア・ロイル。しかし製造しているのは北名古屋市の日進乳業ということで、愛知と福岡を往復していますね。なぜか。

 献立いろいろ味噌の混入...じゃない、風味薫るアイスミルクのなかに、餅状のソースが入っています。

 さらに注意事項が。「アイスの中にみそ由来の黒い粒が入ることがございますが、品質に問題ございません」

 まあ、そうでしょうね。味噌の粒が入っていても、問題はないでしょう。味噌のアイスなんですから。

写真

 食べてみますと、これガチですわ。ちゃんと味噌してます。本当に味噌のアイスです。

 これきっと、「とうとう名古屋は味噌をアイスにしてしまった!」と騒いでもらうことが狙いなのでしょうね。しかもその狙いは、イチビキですよ!献立いろいろ味噌ですよ!という、イメージのアピール。

 だったら、全国に販売してイメージを高めればいいのに...と一瞬思いましたが、東海地区以外で販売しても、「うわあ...」と思われてネタ用に買われるだけで、きっと割りに合わないのでしょうね。

写真

 イチビキの「献立いろいろいみそブランドの存在感を高める」コラボ。今後も期待しています。最初からアイスに手を出すくらいですから、今後はもっとすごいの来ますか?「献立いろいろみそコーラ」とか「献立いろいろみそケーキ」とか。

関連情報



スポンサーリンク


-オイシイもの食べたよ!, オイシイレポート
-

Copyright© TOPPY.NET トッピーネット , 2017 AllRights Reserved.