オイシイもの食べたよ! オイシイレポート

どなたかのお屋敷?贅沢空間でスイーツを気軽に...欧風菓子喫茶LOBO

記事公開日:

★鳥羽・まるで高級別荘のような「欧風菓子喫茶」
★調度品もソファーも優雅にゆったりなのに価格は...あれ?
★年明けにはスイーツコースが登場予定

  鳥羽の中心部から安楽島方面へと車で坂道を上っていくと、思わず「えっ、これってどなたかのお屋敷の敷地じゃないの?」という入口に「LOBO」と書かれた看板があります。その先には、こだわりのケーキがいただける喫茶店があるはずなのですが...。入口からは建物は見えません。

 しばらく車で進んでいくと、建物が見えてきます。しかし、やはり洋風なお屋敷にしか見えません。喫茶店とはいえこれは敷居が高そうだなあ...と思ったらとんでもない!こんなお手軽価格で、このリッチ気分。伊勢志摩鳥羽観光の際にはぜひとも立ち寄りたいスポットです。

写真

スポンサーリンク

調度品も景色も見事でリッチな気分

 どう見ても、どなたかの別荘かと思える玄関を開けると店員さんがお出迎え。スリッパに履き替えて、絨毯張りの床を歩いてリビングへ向かうと...、目の前に広がる大きな窓からは、緑豊かな自然の風景が飛び込んできます。

 暖炉があって、調度品も立派で、ソファーもふかふか。「これが...喫茶店?」と一瞬思うのですが、振り返るとそこにはケーキのショーケース。

 季節によって品揃えは変わりまして、このときは、和栗のモンブランに、苺のムース、インゴット、ベイクドチーズケーキなどが並んでいたのですが、値札を見ると300円台、400円台と普通の価格。そう、この価格にプラス、コーヒーなどのドリンク代、それで、このリッチな空間で、贅沢な時間を味わえてしまうのです。

写真

お店のBGMは自然の音

 クラシックでも聞こえてきそうな、洋館のような雰囲気が漂っているのですが、BGMはかかっていません。しかし、聞こえてくる音があります。それは、風に揺れる木々のさざめき、鳥のさえずり...。

 そうなんです。お店の方に伺いましたところ、自然の音を楽しんでいただくために、わざとBGMをかけていないのだそうで、目を閉じると、時が経つのを忘れてしまいそうです。

おすすめはインゴット

写真

 そんなLOBOのケーキショーケースのなかで、注目は「インゴット」です。金塊という名がついていますが、色は見事に輝くチョコレート色。チョコレートケーキかな?と思ったらびっくり。まるで、生チョコをそのまま食べているかのような濃厚さ。口のなかに広がる、とろけるチョコレートと芳醇な風味。

 実は、ラム酒と赤ワインが入っているのだそうで、チョコレート好きにはたまらない逸品。少しずついただきながら、コーヒーにも紅茶にもぴったり、よく合います。

2016年登場予定のスイーツコース

 2013(H25)年11月にオープンしたこの「欧風菓子喫茶LOBO」は、これまでコーヒーやホットチョコ、紅茶といった飲み物と、ショーケースのケーキをいただけるお店という形だったのですが、新たにスイーツオンリーのコースを始められるとのこと。

 まだ始まっておらず、来年(2016年)から登場とのことなのですが、取材ということで、いただくことができました。役得です。

写真

 最初に出てくるのは、毎月変わる季節のケーキとフルーツ、シャーベットがのったプレートです。ケーキがおいしいのはもちろんですが、シャーベットの濃厚さにも驚きですね。フルーツをそのままいただいているかのようでした。

写真

 続いて、さらに一品としてのシャーベット。このときはシャンパンを使ったもので、香りがたまりませんね。ここで一度、口の中をさっぱりとリセットしたら...。

写真

 そう、看板メニューのインゴットです。コースではカットされたインゴットにクリームが。思わず舌までとろけてしまうのではないかと思えますねこれは。

写真

 最後は、お好きな飲み物と、焼き菓子と、ここまでがセットになっているのがスイーツコースなのですが...。

 お値段が、1,500円。

 思わず、耳を疑ってしまいました。これは驚きです。

あのスイーツメーカーの喫茶部門だったのですね

 さて、お店の名前になっている「LOBO」ですが、これはシートン動物記の「狼王ロボ」から来ていまして、ロボといえば、狼である誇りを最期まで守り続け、そのロボの群れにいた唯一の雌が「ブランカ」。

 鳥羽でブランカと聞いて、ピンと来る方も多いと思いますが、三重県では普段から愛されている貝の形をしたマドレーヌ「シェルレーヌ」を製造している会社の名はブランカ。ここはその、ブランカの喫茶部門だったのです。

 せっかく、鳥羽までお越しくださったのなら、ゆったりとした時間を大切な人と過ごしてほしい、いい思い出を作って欲しい、そんな思いからのお店なのですね。だから、これだけ「特別な高級感」があるにもかかわらず、価格は普通の喫茶店と変わらないと、そういうわけだったのですね。

 大切な人との時間を過ごすのにもぴったりですし、あわただしい観光の合間に「ほっ」と、旅の疲れを癒すこと間違いなしです。伊勢志摩鳥羽観光の際には「欧風菓子喫茶LOBO」まるで高級な別荘のような、まさに隠れ家といえるでしょう。おすすめです。

欧風菓子喫茶LOBO(三重・鳥羽市)


-オイシイもの食べたよ!, オイシイレポート
-

Copyright© TOPPY.NET -トッピーネット- , 2017 AllRights Reserved.