オイシイもの食べたよ! オイシイレポート

エビフリャ~を食べてきたんだがや-まるは本館

記事公開日:

「エビフライは名古屋名物ではない。」

 堅物の名古屋っ子がそんな主張をしたところで、今やその主張は、全くと言っていいほどに通用しないくらいに、名古屋ではエビフライをモチーフにしたおみやげ品が溢れています。お土産店を覗けば、エビフライのぬいぐるみに、海老フライスナック、そしてエビフライのように揚げられたキティちゃんの根付けと、ありとあらゆるエビフライグッズがずらりと揃っています。

 もちろん、かつてエビフライは名古屋名物ではなかったのですが、今や観光客にとっては、名古屋グルメのひとつとして当たり前のように、エビフライは認識されています。

 ここで名古屋っ子が困ってしまうのは、「どこに行けばエビフライが食べられますか?」という、観光客からの質問です。普段、名古屋っ子はエビフライを主目的とした外食はあまりしませんからね...。

 そこで今回は、名古屋でエビフライと言えばこのお店!と言われる「まるは食堂」へと行ってきました。

写真

スポンサーリンク

秘密の本館?

 まるは食堂のサイトにアクセスしてみますと、南知多町の豊浜に本店として「まるは食堂旅館」が存在しているほかに、中部国際空港店、栄・ラシックの三越店が掲載されています。もちろん、メインはまるは食堂旅館で、光の降り注ぐ明るい店内の写真が目に留まります。テレビなどでもよく紹介されています。

 しかし!そのサイトで一切紹介されていない、「まるは食堂本館」に行ってみることにしました。

 本館は、国道247号線の豊浜交差点のすぐ東にあります。

写真

海の香りと昭和の香り

 本館は海岸からすぐのところにありますから、駐車場に車を停めて降りると、海の香りが漂ってきます。そして、入口のドアを開けると、今度は昭和の香りが漂ってきます。この本館も本店と同様、上の階は旅館になっていますが、立ち寄りで食事をすることも可能です。訪れたこの日は平日だったのですが満員で、数十分待つことになりました。

 待っている間にメニューをチェック、やっぱり、ここへ来たらエビフライが食べたいですから、エビフライのあるメニューを注文することを心に決めますす。ふと周囲を見回すと、いけすがあります。水の中にいる魚の姿を見ただけで「おいしそう」と思える自分はやっぱり日本人。生きている牛を見ても、そうは思えないのに不思議。

 まるは食堂のほかのお店はとっても近代的で、もはや食堂ではなく「レストラン」という印象です。一方でこのまるは食堂本館は、印象も全然違い、前述の通りサイトでも一切紹介が無いのですが、それもそのはず。会社としては別会社で、あちらのまるは食堂の社長のいとこが経営されているのだそうです。なるほど。

写真

海の幸満載でお値打ち~平日限定だけど

 この日は珍しく、お酒飲みが一緒に同行したので、まずは「さばふぐの唐揚げ」をいただきました。骨がすっと取れるほどですが、食感は鳥の唐揚げとは違って独特。豊富なゼラチン質を口の中で感じるような、お肌に良さそうな一品でした。

写真

 そして相方が注文したのは、海鮮丼。お刺身が満載で、赤だしがついていて892円ととってもおトク。

「でも、海鮮丼の割には玉子なんか乗ってんじゃん。」

 という方のためには、海の幸が10種類以上盛られているという、1,575円のスペシャル海鮮丼もありますので、大丈夫です。

写真

 こちらは日替わりコースの1600円コースです。季節の料理5品とご飯と赤だしのセットになっています。まずはお刺身盛りとサラダ。

写真

 そして焼物と煮付け。

写真

待ってましたのえびふりゃぁ

 最後に、お待ちかね~のえびふりゃ~です。1680円ですが、これだけ食べれば大満足~といった感じです。エビフライの海老はプリプリでした。

 他にも、お刺身とエビフライとご飯と赤だしのシンプルコース(1,000円)や、季節の料理3品とエビフライと海鮮丼、赤だしがセットになった2900円コース(3,045円)、フライ丼、鉄火丼といったメニューもありますが、ここで紹介したものは、全て「平日限定コース」ですので、ご注意ください。

写真

本店をとるか本館をとるか

 今回は、まるは食堂の本館「まるは本館」をご紹介しましたが、あの、テレビなどでおなじみの名物女将がいるのは、まるは食堂本店の方です。でもやっぱり、「食堂」を感じるのはこっちの本館。

 デートの本店、昭和の本館かな?

 昭和大好きノスタルジー大好きな私には、本館が合ってる気がします。でも今度は、本店に行ってみようかな...。

 ある芸人がネタにしたことで、名古屋といえばエビフライというイメージが生まれ、それを名物として確固たる地位に押し上げたまるは食堂。名古屋へやってきた観光客に「名古屋へ来たぎゃー。えびふりゃ~を食べたいぎゃー。どこへ行けばいいのだぎゃー?」と言われても、もう大丈夫。

 でも実際に、こんな言葉遣いをする観光客には一切教えませんけどね。

 続いては、このまるは本館のすぐ近くにある、特別なおみやげ用の商品があるという豊浜魚ひろばへ

関連リンク

まるは食堂旅館 ※本館のサイトではありません

まるは本館(愛知・南知多町)


スポンサーリンク


-オイシイもの食べたよ!, オイシイレポート
-

Copyright© TOPPY.NET -トッピーネット- , 2017 AllRights Reserved.