そりゃぁドラゴンズだがね

最後は危なかったけどネルソン投手で勝利・首位浮上!

記事公開日:2011年10月7日 更新日:

★ゲーム差無しまで追いついたところで
★なかなか勝ちがつかないネルソン投手
★完投勝利なるか...と思ったらおいおいおい

 一時、ヤクルトに10ゲームもの差をつけられた中日ドラゴンズ。球団からの突然の落合監督退任発表から、あれよあれよと勝ち続け、とうとう首位ヤクルトとのゲーム差がゼロになった翌日、ナゴヤドームに広島戦を見に行ってきました。ヤクルトが負けて中日が勝てば、首位浮上です。

 普通なら、逆転優勝ムード一色となるはずの状況ですが、試合後、名古屋のメディアから聞こえてきたのは「中日9コーチと来季契約結ばず」といったニュース。

「もう来年は(ファンでいられるかどうか)わからん」「それはそれで来年は楽しみ」

 ドラゴンズファンが完全に真っぷたつになってしまった今...そんな状況下での観戦です。

写真

もくじ

2回裏[D]2-0[C] 荒木選手のタイムリーで2点先制

 この日の中日先発は、いつもいいピッチングをしているのに、味方の援護が無かったり、後続のピッチャーが勝ちを消してしまったりということが多い印象のあるネルソン投手です。この日の立ち上がりは上々。今日はネルソン投手で勝って首位に浮上して欲しい!強く思います。

写真

 対する広島の先発は福井投手。立ち上がりは良かったのですが、2回裏にいきなり崩れました。和田選手、平田選手に続けてフォアボールを与えます。2アウトでネルソン投手が打席に立ったところで、なんとまたもやフォアボール。満塁とします。

 そこで荒木選手がセンター方向へのタイムリーヒット!相手の3つのフォアボールからの得点とはいえ、ここでタイムリーが出るところがすごい。

写真

3回裏[D]4-0[C] 繋がる繋がるさらに2点追加

 3回表、ネルソン投手は先頭の倉選手にフォアボールを与え、こっちも崩れるの!?と一瞬ヒヤヒヤするも、福井投手の送りバント失敗、東出選手のレフトフライ、木村選手のサードゴロときっちり抑えたネルソン投手に拍手。

 その裏です。先頭の森野選手に福井投手はまたもやフォアボール。さすがに広島はピッチャー交代です。

写真

 ところがです。代わった今井投手もいきなりブランコ選手にフォアボール。そこで谷繁選手がきっちり送って1アウト2・3塁で和田選手。手堅く犠牲フライで1点追加!3対0とします。

 さらに、平田選手が左中間にスリーベースヒット。ブランコ選手が勢いよくホームイン!2点追加で4対0。ドラゴンズ5連勝が見えてきます。

写真

スポンサーリンク

6回裏[D]5-0[C] またもやチャンスで荒木選手

 その後もネルソン投手は好投。4回、5回、6回と、全て広島を三者凡退に抑えるピッチングにしびれます。そしてその裏、荒木選手がまたもややってくれました。

 大島選手がフォアボールで出塁、ネルソン投手が送り、2アウト2塁としたところ荒木選手。センター方向にタイムリーヒットでダメ押しの1点。5対0となり、ナゴヤドームの1塁側は大盛り上がり。

写真

 しかし、3塁側はこのとおり。確かに、今年の客入りは厳しいです。テレビの野球中継を見ていても、3塁側の内野のスカスカぶりには驚かされるばかり。でも、ドラゴンズの成績自体は優勝を争い、大盛り上がりのはず。一体何が原因なのか。本当に真剣に考える必要がありますよね。それとも、監督が代われば、これがびっしり埋まったりするんでしょうかね。

 あ、一応触れておきますが、ドアラのバック転はいつものとおり失敗でした。

写真

9回裏[D]5-3[C] どうしちゃったの?ネルソン投手

 その後、7回表は1・3塁とされるもののダブルプレーで切り抜け、8回表も三者凡退。あとは9回のみ。これは、ネルソン投手の完投勝利になるかな...と思ったら。

 9回、ネルソン投手は突然崩れます。先頭の東出選手にライトヒット、つづく木村選手にセンターヒットを浴びたところで、バーデン選手にデッドボール。ノーアウト満塁のピンチを作ってしまいます。ここで森コーチが登場しますが、そのままネルソン投手。

 しかし、栗原選手にタイムリーヒットを浴び、再び森コーチが登場して、ピッチャー交代です。

写真

 ノーアウト満塁でマウンドに登場した守護神・岩瀬投手。岩瀬さんなら...と願うも、松山選手にいきなりタイムリーヒットを打たれ1点、赤松選手に犠牲フライを打たれてさらに1点。5対3となりナゴヤドームじゅうからため息が。

 そこからがさすが守護神。迎選手を空振り三振、白浜選手をサードゴロに打ち取りゲームセット。

写真

首位浮上!というニュースと同時に...

 最後はヒヤヒヤものでしたが、見事ネルソン投手が9勝目を挙げ、岩瀬投手が36セーブとなり、さらにヤクルトが阪神に敗れたため、中日ドラゴンズが首位に浮上しました!

 ヒーローインタビューはもちろん、ネルソン投手と荒木選手です。

写真

 さてこの日、試合後に中日ドラゴンズから、9人のコーチとの来季の契約を結ばないことが発表され、先ほどマウンドに登場した森ヘッドコーチも今季でドラゴンズのユニフォームは見納めとなりました。

 きっと来年は、高木新監督のもと、中日OBのコーチ陣が登場することになるのでしょう。

 ドラゴンズのOBたちがコーチになれば、往年のドラゴンズファンがナゴヤドームに押しかけるという公算があるのかどうかは知りませんし、その公算が本当に高いのかどうかも知りませんが、首位浮上というニュースと同時に、そういうニュースが聞こえてくるのは、なんとも不思議としか言いようがありません。

 監督が代われば、コーチだけでなく、マスコットキャラクターだって、どうなるかわかったものじゃありませんよね。

 リーグ優勝戦線に絡み、壮絶なデッドヒートを繰り広げている球団のファンが、来季の監督人事をめぐってまっぷたつ。片や現監督の功績をたたえ盛り上がる一方で、片や来季の話ばかり。

 どっちがどうと言う気はありませんし、じゃあ、どのタイミングで発表すれば最善なんだと言われたら自分にもわかりませんが、こういう状態を、球団が生み出しているということだけは、事実です。

10/6 1 2 3 4 5 6 7 8 9
広島 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3
中日 0 2 2 0 0 1 0 0 x 5

取材協力

KAZ Communications

-そりゃぁドラゴンズだがね

Copyright© TOPPY.NET -トッピーネット- , 2017 AllRights Reserved.