そりゃぁドラゴンズだがね

試合中のグリーティングでパチリ!-中日×ロッテ(後編) 10.06.04

記事公開日:2010年6月12日

写真

★さすがのマリーンズグリーティング
★セサル選手ぶつかりすぎて...
★いやホント長時間お疲れさまでした

 今回は、あまりのキャラクターショーの充実ぶりに、1試合を2回に分けてレポートしています。前回の「マリーンズ・フルメンバー登場!」では、マーくん、クールをはじめとした全キャラクターに、ダンサーの「M☆Splash!!」、MC陣が勢揃いしてのD-STAGE LIVE!のもようをお届けしました。

 というわけで、今回はいよいよ試合のもようなのですが、なんと試合中もマリーンズのキャラクターたちは一生懸命サービス。そして延長戦となったにもかかわらず最後まで...いやほんと、すごいです。マリーンズのキャラクターたち。

スポンサーリンク

試合開始前もしっかりダンス

 午後5時にD-STAGE LIVE!が終了したので、そのままドームへと入場します。そしてしばらくすると、試合前のスピードボールコンテストとオープニングダンスです。もちろん、マリーンズの面々も全員登場。ズーちゃん、シャオロン、リーンちゃん、パオロンが横一列に手を繋いで仲良くダンス。

 あ、ズーちゃんもリーンちゃんも、ビジター用のユニフォームを上に着たんだね。それはいいんだけど、シャオロンってこんなキャラクターだったかなぁ。昔はもっとこう、一匹狼っぽいような、そんなだったと思うんだけど...。少し前から薄々感じてはいましたけど、やっぱり、ステージのダンスでもさらに確信に変わったのですが、シャオロンの中で何か大きく変わったことがあったんですね。いや、中でと言うより、シャオロンの中...。

写真

ドラゴンズが先制!そしてグリーティング

 この日の先発は、ドラゴンズがチェン投手で、マリーンズが大嶺投手でした。チェン投手が1回表を3人で抑えるとその裏、森野選手のセンター方向へのタイムリーヒットでドラゴンズが先制します。

 2回は両チームとも4人で攻撃が終わると、3回表今江選手が右中間にツーベースヒットで同点に。その裏は森野選手がフォアボールで出塁するも、不調のブランコ選手がダブルプレーに打ち取られます。

 その3回裏が終わると、一緒に来ていた株の先生が、いきなり立ち上がって「マーくんたちに会いに行こう」と言うではありませんか。

「え?どういうこと??」

写真

 どうも、先生の情報によると、この3回裏終了後から4回の間、マリーンズのキャラクターたちは例年グリーティングを行うというのです。本当かなぁ~と思いつつも、先生の後ろをついて行きます。

 すると!2階通路でズーちゃんとクールを発見!しかし、どうも撤収中の様子です。

写真

 あれ?と思っていると、その先にはマーくんとリーンちゃんの姿が。どうやら、この3回までズーちゃんとクールがグリーティングを行っていて、2人と交代でマーくんとリーンちゃんのグリーティングになったようです。

 一緒にこなつさんをはじめMC陣もいて、交流ができました。もちろん!マーくんとリーンちゃんと一緒に、写真撮ってもらっちゃいました。こういうことをされると、もうパ・リーグはロッテファンになってしまいそうですね...。

 と言いたいところですが、中日ドラゴンズファンになる前、長年近鉄バファローズファンをやっていた自分にとっては、ロッテといいますと、あのダブルヘッダーを思い出さずには...あの頃はまだ川崎球場でしたっけ...。その話は置いておいて...。

写真

試合もセサル選手もひっくりかえり...

 4回・5回ともに、ロッテは出塁するものの点に繋がらず、一方の中日は大嶺投手にそれぞれ3人で抑えられてしまいます。そして迎えた6回表、先頭打者の大松選手にホームランで、試合は2対1とひっくり返されてしまいます。

写真

 7回裏、ロッテ4人目の伊藤投手から、セサル選手はサードゴロかと思いきや、それを今江選手がエラー。そこで何を思ったのか、セサル選手はファーストを蹴りセカンドへ走ろうとしますが...、塁審と激突。セサル選手はよろけながらも、なんとか1塁へ戻りセーフ。

 あれは...どう見ても走ってたらアウトでしょう。塁審も、まさか走るとは思っていなかったのでしょうね。と言いますか、ナイスブロック。

 しかし点にはつながらず、7回終了です。

写真

久々のバク転対決

 7回裏終了後といえば、恒例のドアラのバク転タイムなのですが、久々に、相手チームからもバク転に参戦です。

 バク転対決をするのは、もちろん、相手チームのキャラもバク転ができるのが前提になります。例年なら日本ハムのBBとの対決があるのですが、今年は日本ハム戦が地方球場だったので、まだ実現していません。ただ、雨で中止になって代替試合がナゴヤドームであるので、来週あたり実現するとは思いますが...。

 今回の対決相手はクールです。M☆Splash!!とチアドラが応援するなか、一見アレッ?という感じでしたが、判定は「成功」。相手チームキャラには判定も緩めです。そしてドアラもこの日は成功で、両チームともバク転成功となりました。

写真

試合はひっくり返ってないけど...

 8回表、ドラゴンズ3人目の高橋投手から、里崎選手のヒット、南選手へのフォアボールで2アウト2・3塁となったところで、今江選手がライト方向に長打を放ちます。

 すると、その球を追ったセサル選手がフェンスに激突。ひっくり返ります。一瞬、担架も登場してヒヤヒヤしましたが、なんとか歩いてベンチへと戻っていきました。もちろん、その間は観客席から拍手が。

 ただ、冷静に考えると、どう見ても、打球はフェンスまで届いていなかったし、どうしてフェンスにぶつかったのかすら、よくわからない状態だったのだけど...拍手で見送られて良かったね。

 そんなセサル選手が去った後に残ったのは、2失点でした。

写真

次こそ試合がひっくり返る...かな

 その裏、和田選手がやってくれました。ロッテ5人目の薮田投手から、森野選手がフォアボール、続いてブランコ選手がサードゴロエラーで1・2塁となったところで、和田選手がホームラン。一気に3点を追加し、4対4の同点となり、試合は振り出しに戻ります。

 そういえば、先ほど、得点には繋がらなかったものの、セサル選手が2塁へ走ろうとしたのもサードゴロエラーでした。サードのエラーは何だか他のチームのこととは思えませんね。

写真

出てきちゃった...

 9回表には岩瀬投手が登場、そしてその裏ロッテは橋本投手、松本投手と継投し、両チームとも無得点で延長戦へ。

 10回表は中日が平井投手が登場。そこで、来てしまいました。ロッテの守護神。小林投手の登場です。

 何がおそろしいって、小林投手は今シーズンまだ無失点というだけでなく、この日が誕生日で32歳になったにもかかわらず、奥さんが24歳という若さなのです。しかも、結婚したのは6年前。さらにその前に交際期間があったと言いますから、何とうらやましい。これはおそろしいピッチャーです。

写真

ところがところが

 10回裏はそんな小林宏之投手を前に、英智選手がセンター方向にヒットを放ったものの、4人で攻撃終了。続く11回表は平井投手がこちらも4人で抑えます。

 そして11回裏、荒木選手がヒットを放ち、森野選手が敬遠されたところで、ブランコ選手がやってくれました!サヨナラヒットです。

写真

 小林投手の誕生日に、今シーズン初の失点をつけるという、ロッテから見れば全く空気の読めていない展開ですが、その若い奥さんへの嫉妬心爆発もあってか、見事ドラゴンズのサヨナラ勝ちとなりました。

写真

遅くまで本当にありがとう

 時刻はもう午後10時半を回っていました。ヒーローインタビューも終わり、さすがにもう、ロッテのキャラクターたちは出てこないかな...と思いきや。

 グラウンドには、マーくん、リーンちゃん、ズーちゃん、クール、そしてこなつお姉さんたちの姿が。すごいファンサービス精神ですね。

 この次の日はデーゲーム。試合開始は午後3時、ということは、ステージイベントは正午から...ですよね。

写真

 午後3時から午後11時近くまで、見ているこちらも疲れてしまいましたが、きっと、マーくんたちはもっと疲れていたことでしょう。遅くまでありがとうございました。マーくん、リーンちゃんと一緒に撮った写真、大切にしますね。

 いつか日程さえ合えば、マリンスタジアムまで中日×ロッテ戦を見に行ってみたいなぁ。

協力

ももたろうさん

関連情報


スポンサーリンク


-そりゃぁドラゴンズだがね

Copyright© TOPPY.NET トッピーネット , 2017 AllRights Reserved.