そりゃぁドラゴンズだがね

名古屋代表あの人・アイツらも登場-中日×オリックス

記事公開日:2010年5月16日

★始球式は名実ともに名古屋の代表あの人
★ドアラVSコアラ...えっと、キミは誰?
★誕生日小池選手が真っ白に!

 交流戦に入り、ナゴヤドームでソフトバンクに2連勝。そして迎えたオリックス戦を見に行ってきました。オリックスといえば、阪神の監督だった岡田氏が今年から監督を務めており、久々の落合監督VS岡田監督となりました。

 もちろん、ソフトバンクとは違って、オリックスは今年もナゴヤドームにキャラクターたちを派遣しており、ネッピーとリプシーの姿がグラウンドに。しかしこの日はそれだけれはありませんでした。しばらくすると、今度はなんだか見たことのある奴らが。はち丸にだなもに、誰だっけ、あのコアラ...。

写真

スポンサーリンク

名実ともに名古屋を代表するあの人が

 オリックスのネッピーとリプシーは毎年のように見ている気がするので、もう珍しさは感じません。試合前のダンスでも慣れた感じです。そこでアクシデントが。ドアラがリプシーにぶつかると、リプシーは派手に転んでしまうのです。リプシーはすぐには立ち上がることができず、かなりスローでヨロヨロと立ち上がっていました。バランス悪いのかな。もちろんその後はドアラに激怒、平謝りのドアラでした。女の子は怒らせちゃいけません。

写真

 続いて登場したのは、名古屋開府400年事業のマスコットキャラクターである、ちょんまげ姿の「はち丸」と亀の「だなも」。そして、コアラ...。

 開府400年のキャラクターは他に、お城のエビザベスと、星のかなえっちがいたことは記憶していますが、あのコアラは一体...。ドアラに何か言いにやってきたのでしょうか。「お前がコアラの評判落としてるんだよ!」みたいな。

写真

 この試合では、5月22日の「国際生物多様性の日」に名古屋市と中日新聞社が主催する「グリーンウェーブ」のPRが行われており、来場者全員に中日新聞が作成したグリーンウェーブ告知パンフレットが渡されたのでした。そのために、名古屋市のキャラクターが大集合となったわけです。

 さすがに、お城の格好をしたエビザベスは、その身動きのとれなさから、動きにスピードが要求されるこの場面には登場せず、代わりにコアラとなったのでしょう。

 で、あのコアラは誰なのかといいますと、実は東山動物園のコアラだったのでした。本家です、本家。

 この日は、試合開始前に選手に苗木が贈呈されると、名古屋を代表するあの人による始球式です。もうおわかりですよね、名古屋を代表するといえば、そう、河村名古屋市長です。背番号は「758」。

写真

中田投手の中の人変わった?

 中日の先発は中田投手。以前は中田投手といいますと、ボール先行で投球数が多いというイメージがありましたが、5月7日のヤクルト戦に今季初登板すると、なんと無四球7奪三振という結果に。そしてこの日も、初回に赤田選手にヒットを打たれたものの、2回・3回は3人で抑える好投ぶり。中の人が変わったのかと思うほどでした。3回までは...。

写真

 一方のドラゴンズも、オリックスの今年の開幕投手である金子千尋投手を前に3回までしっかり抑えられ、試合は動きません。しかし4回表、中田投手が一変します。

 4回表、赤田選手が再びレフト方向にヒットを放つと、カブレラ選手にフォアボール。いやな予感がします。さらにバルディリス選手にデッドボール。やっぱり、中田投手の中の人は変わっていなかったようです...。しかし、満塁のピンチを迎えるも山崎選手をショートゴロで打ち取ります。ヒヤヒヤさせるけど最後はしっかり、このあたりも、完全に昨年までの中田投手です。

 さっきまでの、試合が早く終わるかも?という雰囲気はここで完全に消えます。

そういえばそうでしたね

 その裏、ブランコ選手がホームランを放って先制、和田選手がフォアボールで出塁するも、セサル選手は見逃し三振、大島選手はピッチャーゴロと続きません。

写真

 そうそう、和田選手が1塁に出た際、ファーストを守るカブレラ選手と親しげに話していたのが印象的でした。そういえば、かつてはチームメイトでしたものね。覚えていますよ、2004(H16)年の日本シリーズ。第6戦で2ランホームランを打った和田選手...第7戦で2ランホームランを打ったカブレラ選手...。4番、5番でしたね。はっきりと覚えていますよ。どちらの試合もナゴヤドームに見に行きましたから。

写真

ナゴヤドームが緑一色に...

 そして5回、両チームとも4人で攻撃を終了すると、そこで再び、名古屋市の「国際生物多様性の日イベント・グリーンウェイブ」のPRです。この日試合開始前に観客に配布されたパンフレットは、広げると緑色の自然が描かれたものになっており、「5回裏終了後に中面を広げてね」とありました。

 すると、実際にナゴヤドームの客席は緑一色に。

写真

 その際、再び名古屋市のキャラクターたちが登場しました。例のコアラとドアラが共演することはなく、コアラはレフト側でパオロンとともに登場、そしてメインキャラクターのはち丸は、中日のメインマスコットキャラクターでもあるシャオロンと一緒にライトに登場。

 え?中日の代表はドアラじゃないのかって?いえいえ、シャオロンはもともと、ドラゴンズのペットマークですから。メインですよメイン。

写真

 そして残る亀のだなもはドアラとともに1塁側に登場。ちなみにこのだなもは「やっとかめだなも」という名古屋ことばから来ているわけですが、ドアラとのセットは今日だけでなく、22日のイベントでも参加者には「ドアラ×だなも」ピンバッジがプレゼントされるとのことで、ドアラとはセット売りが考えられているようです。

 ちなみに、22日のグリーンウェイブは、どこかの場所で行われるイベントというわけではなく、この日にイオンナゴヤドーム前ショッピングセンターにて苗木758本がプレゼントされ、それを各自で22日の午前10時に植樹しよう!というものです。

 それにしても、グリーンウェイブだなんて名前を聞くと、そういえば近鉄と一緒になる前は、ブルーウェーブだったよねオリックスって。なんて思い出しますね。

写真

やっぱり今日も...

 そして6回表、試合は大きく動きます。もうすっかり元に戻ってしまった中田投手は、赤田選手、カブレラ選手に連続フォアボール。ここで後藤選手がレフト方向、内野ギリギリにボールを飛ばしますが、なんと和田選手がフェンスに激突してのファインプレー。しかし...。

 同じく1・2塁で迎えた続くバルディリス選手はサードゴロ...でダブルプレーかと思いきや...です。

 そう、サード。森野選手です。ボールをとった瞬間ポロリ。加えてセカンドへも悪送球。ナゴヤドームじゅうが「またか」という空気に包まれます。

 と、オリックスは満塁としたところで、北川選手がツーベースヒットで2点。ピッチャーは高橋投手に交代。さらに田口選手の犠牲フライで1点。3対1と試合がひっくりかえされます。

写真

ところがところが...

 6回裏、ドラゴンズは汚名返上森野選手の2塁打とブランコ選手のヒットで1点を返し、7回は両チームとも1点追加。8回は両チームとも4人で終わり、1点ビハインドで迎えた9回表は浅尾投手が3人できっちりと抑えます。

 そして9回裏、オリックスは抑えのレスター投手を登場させますが、先頭の荒木選手にフォアボール、さらに森野選手にもフォアボールを与えたところで、ブランコ選手がレフト方向にツーベースヒットを放ち同点に。

 6回表にフェンスに激突した和田選手に代わって入っていた小池選手に打順が回ってきました。この日は小池選手の誕生日。7回裏はライトフライに倒れてしまいましたが、ここでピッチャー強襲のサヨナラヒット!見事ドラゴンズはサヨナラ勝利です!

写真

頭真っ白...じゃなくて顔が真っ白

 ヒーローインタビューは、先制ホームランと同点打を放ったブランコ選手と、サヨナラヒットの小池選手です。ブランコ選手は息子さんが昨日誕生日を迎えたそうで、いい誕生日プレゼントになったと喜んでいました。

写真

 そんなインタビュー中、お立ち台に忍び寄る影。するとその影は、生クリームに見立てたシェービングクリームを乗せた皿を、小池選手の顔に!

 見事、誕生日にサヨナラヒットを決めた小池選手の顔は真っ白に。チームメイトのちょっと手荒な誕生日プレゼントでした。

写真

 それをやったのは谷繁選手。新聞によりますと、実は、小池選手は谷繁選手に以前、誕生日にお立ち台に立つ選手がいたらこれをやってやろう...と話していたそうで、当の本人がそれをすっかり忘れてしまっていて、まさか自分のアイデアを自分が食らうことになるとは...だったわけです。

 とてもいい30代のスタートになりましたね。外野の守備競争が激しい中で、小池選手は普段なかなか登場する機会も少ないこともあり、見ているこちらも、本当に嬉しい気分になりました。

 それにしても、冒頭の中田投手の好投もあり、サクサクとした試合展開になるかと思いきや、長い試合となりました。しかし最後は華麗に勝利。長いけど華麗に勝った...というわけで、この日はお向かいのショッピングセンターにある三丁目饂飩で「カツカレーうどん」をいただきました。

写真

 これでドラゴンズは交流戦3連勝です。それにしてもこの日は、市長の始球式に、はち丸・だなもの登場、さらには謎(?)のコアラも登場と、濃い一日でした。いや、そっちじゃないだろって?そうですね。小池選手のバースデーサヨナラヒットが何とも爽快でした。

 ちなみに、なぜ名古屋市が国際生物多様性の日をアピールしているのかといいますと、今年10月11日から29日にかけて、名古屋市で「生物多様性条約第10回締約国会議」が開催されるからです。名古屋国際会議場に各国政府関係者、国連機関、NGOなどから約8,000名が参加するとのことです。

 その頃には、ドラゴンズファンはどんな気持ちでいるのか、今シーズンもまだまだこれからですね。

取材協力

・ももたろうさん


スポンサーリンク


-そりゃぁドラゴンズだがね

Copyright© TOPPY.NET -トッピーネット- , 2017 AllRights Reserved.