そりゃぁドラゴンズだがね

デラロサ選手大活躍!で...そして驚愕ドアラ神社 08.09.05

記事公開日:2008年9月6日

写真

 故障者が続出し、昨年とは違い、クライマックスシリーズに出られるかどうかさえ確実視できない中日ドラゴンズ。さらにここへ来てヤクルトに神宮で3連敗という状況のなかで、ここに負けたらもう後が無いという横浜ベイスターズ戦を見に、約3ヶ月ぶりの野球観戦にナゴヤドームへと行ってきました。

 井端選手がいないなか、あの、名古屋っ子にはなじみやすいであろう名前の外国人が大活躍。そしてドームの向かいにあるイオンで見たあるものに思わず「ドアラはそんなに立派になったんですか!」と驚愕。

それがドラゴンズファン?

 阪神ファンは、どんなにチームの成績が低迷していても、足繁く球場に足を運び、ものすごい声援を選手たちに送ります。しかし一方の中日ファンは、昨年のように優勝に絡む展開だと大盛り上がりするのですが、今年のようにひょっとしてBクラス...?なんて雰囲気が漂うと、一気に球場から足が遠ざかってしまうようです。

 この日は金曜ということで、週末前のナイターにもかかわらず、内野3塁側は空席の方が多いくらい。

 しかし、そんな中日ファンを責めることはできません。なぜなら私も、3ヶ月ぶりの観戦なのだから。

写真

見た目はオヤジ心は少年

 この日の先発投手は、8月4日に通算200勝を達成し、今年は10勝を上げている43歳の山本昌投手。この歳でこれだけの大活躍をしているエースにもかかわらず、普段の生活ではカブトムシやクワガタなどを採取にでかけ、お城が好きで、さらにラジコンも大好きで、全日本の大会で入賞するほどの腕前という、もう少年のまま大人になってしまった感じで、男として憧れる永遠の少年です。

 その独特なピッチングフォームは、私が実際に少年だった頃から変わっていないように見えます。

写真

デラ...ロサ

 この日試合が動いたのは2回裏でした。堂上剛選手がフォアボールで出塁すると、井端選手の代わりにショートに入っているデラロサ選手がレフト方向にツーランホームラン。あれ?色が似てるけどウッズ選手じゃないよね?と思わず勘違いしてしまいそうですが、違います。

写真

 さらに守備でも見せてくれました。4回表にノーアウト2・3塁の場面で横浜の村田選手がショートゴロを打つと、前進守備でも無いのにデラロサ選手はホームへビーム。横浜に点を与えません。この守備で流れが変わり、この回は結局無失点。

まさかの昌さん

 さらにその裏にもデラロサ選手はレフト方向に二塁打を放ちます。しかし谷繁選手が繋げることができず、ツーアウトで打席には山本昌投手。誰もがトイレに席を立とうとしていた瞬間、ピンチをデラロサ選手に救われた山本昌投手がなんと右中間にツーベースヒット。さらに、出塁したオヤジさんを疲れさせるわけにはいかないと、続く森野選手がホームラン。誰もが予想もしなかった展開にビックリ。6対0と横浜を突き放します。

写真

ワシが壊した

 6回表に1点を失うものの、山本昌投手は7回途中まで1失点の好投。こんな43歳、本当にうらやましい。その後は浅尾投手、高橋投手で9回ツーアウトまで繋ぐと最後、あと1人というところで守護神岩瀬投手が登場。

 あちらの国で行われた世界的なスポーツ大会では、落合監督に言わせると、あの人がちゃんと使わなかったためにうまく機能しなかっただけとのこと。武山選手にライト方向に抜かれてちょっとヒヤッとはしたものの、この日もしっかり抑えてくれました。

 岩瀬投手にはぜひまた、サンデードラゴンズで今回のスポーツ大会でのあの監督(ワシ)との秘話を話して欲しいものです。

写真

ヒーローインタビューはやっぱり

 見事6対1で横浜に勝利。ヒーローインタビューはやっぱり、11勝目を挙げた山本昌投手と、攻守ともに大活躍のデラロサ選手。それにしても、デラロサという名前はなんとなく名古屋っ子には馴染みやすいですよね。この日も多くの人が「デラロサがデラ活躍したがや」と口々につぶやいていました。

 そしてこの日不調だったウッズ選手はきっと「デラロサ、デラすげーがや」と、言っていたことでしょう。

写真

 ヒーローインタビューを見終わってもまだ9時過ぎということで、イオンナゴヤドームショッピングセンターのフードコートで食事をとることに。横浜にちなんだわけではありませんが、龍司厨房(CK.Dragon Dining)の五目石焼炒飯をいただきました。ドラゴンダイニングで中華を食べる、いろんな意味でいい感じですね。まあ、中華な国での野球は散々でしたが。

写真

ド・ドアラ神社!?

 そのイオンナゴヤドーム前ショッピングセンターには、先月からなんと「ドアラ神社」なるものが設置されています。いつもあの、龍のオブジェとともに選手たちの垂れ幕が掲げられている場所です。

 ドアラの神社って...ここ最近の人気でとうとうドアラは信仰の対象に、そして神になってしまったということでしょうか。しかもご神体はドアラのシッポ!?触ってくださいって書いてありましたけど...ということは、今のドアラにシッポは?

写真

 そしてドアラ神社にはかわいらしい、ドアラが神職を務めている姿のイラストも。さらには絵馬を奉納することもできます。見てみますと...。

「今年は完全制覇だ」

 うーん、ちょっと厳しい情勢ですね。

「星野ジャパン絶対金メダル」

 それは...ドアラにお願いすることじゃないよね。そしてやっぱり、ご利益無かったね。

「来年こそは完全制覇!」

 もう、望みは来年ですか。

写真

ドアラさん!?

 ドアラ神社の絵馬に苦笑したところで上を見上げると、そこにはいつもどおり選手たちの垂れ幕...かと思いきや、川上投手や山本昌投手、荒木選手に混じって、なんか普通にドアラがいるんですけど。

写真

 そのドアラさんの横に飾られている山本昌投手はやっぱりすごい。山本昌投手といえば独特なピッチングフォームですが、この日2塁打を放った際のバッティングホームもなんだか一緒でした。一説には、ラジコンのプロポを持つ姿も、クワガタを狙っている姿も、全く同じフォームだと言われています。

 これからもまだまだ活躍が楽しみです。

関連情報


スポンサーリンク


-そりゃぁドラゴンズだがね

Copyright© TOPPY.NET トッピーネット , 2017 AllRights Reserved.