そりゃぁドラゴンズだがね

見てきました日本一!53年ぶりの日本一! 07.11.01

記事公開日:2007年11月2日

写真

 もう今日はいきなり結論から。

 中日ドラゴンズが53年ぶりの日本一です。ナゴヤドームで見てきました。もう、本当に嬉しい。今年は絶対糠喜びをしないと決めていたので、クライマックスシリーズの初戦から、ずっと自分の中で打ち消してきた、1試合ごとの勝利の喜びを、ようやく表に出すことができました。

 おめでとうドラゴンズ。そして、ありがとうドラゴンズ。

スポンサーリンク

 今日勝てば日本一。53年ぶりの歴史の生き証人になれるかもしれない。そう思いつつも、決してそれは口に出さずにと心に決め、ナゴヤドームにやってきました。グランドにはNPBの関係者がたくさんいて、明らかに試合前から雰囲気が違います。もちろん、客席もみんなソワソワ。

 日本ハムの打撃練習が続きます。今日は特別な日...でも、ドアラはいつもどおり練習後の球拾いをしています。

写真

 先発は日本ハムは予想どおり中4日のダルビッシュ投手。そして中日はウルトラ山井投手。まさか、この後驚愕の展開になることを誰が予想したでしょうか。

 山井投手は立ち上がりから調子が良く、一つストライクとなる度にナゴヤドームは歓声の渦。アウトとなれば大歓声。

 その大歓声がまさか、8回まで続くとは!なんと山井投手は8回まで6奪三振の86球で、パーフェクトピッチング。これは日本シリーズ記録です。

写真

 ダルビッシュ投手を前に中日は...。と不安を払拭してくれたのが2回裏でした。日本シリーズではなかなか期待のホームランが出ないウッズ選手が、レフト方向へとヒットを放つと、今日も中村紀選手がやってくれました!右中間へのツーベースヒット。李炳圭選手が三振した後、若い平田選手がきっちりとライトへの犠牲フライ。ウッズ選手がホームへと必死で走り中日が1点を先制です。

写真

 その後も緊迫の試合展開。投手戦は続きます。ダルビッシュ投手対山井投手。その軍配は山井投手に!9回表、あと1回で日本シリーズ初の完全試合かと思ったのですが...。

 山井投手は手の豆に違和感を感じて降板を申し出、9回表のナゴヤドームは山井コールのなか、守護神岩瀬投手が登場。

写真

 守護神はやっぱり守護神でした。きっちりノーヒットで抑えてゲームセット!

 中日ドラゴンズは53年ぶりの日本一を決めました!

写真

 今日のインタビュアーはテレビ愛知の高木アナウンサー。落合監督へのインタビューが始まりました。今日は泣かないと決めてきたとのこと。この日本一達成という場面でありながら、監督の口からは日本一連覇という新たな目標が飛び出しました。

「本当に今日はここで決めろという応援ありがとうございます」

 という言葉に、私たちはしびれてしまいました。

写真

 日本シリーズのMVPは中村紀選手。背番号なしからここまで上り詰めたノリさん。後半はもう涙で言葉が出てこない状態に。

 思わず私もここで涙が出てしまいました。すごいよ!ノリさん!

 MVPの賞金は300万円です。年俸の半分ももらっちゃったねノリさん。

写真

 グランドには福留選手の姿も。すると福留選手は日本ハムのヒルマン監督に話しかけていました。まさか「メジャーに僕も後から行くのでよろしく」とか、言ってないですよね?

写真

 この歴史的な瞬間に立ち会えたことに本当に感謝しています。

写真

 今日はいい夢が見られる...いや、もう夢のような時間を過ごさせていただきました。

 ようやく言えます。本当に嬉しい!心から嬉しい!

 53年ぶりの日本一、中日ドラゴンズおめでとう。そして、ありがとう。

関連情報


スポンサーリンク


-そりゃぁドラゴンズだがね

Copyright© TOPPY.NET , 2017 AllRights Reserved.